リゾートバイトの旅館で働くメリット・デメリットや1日の流れについて

リゾートバイトのなかでも人気が高いのが、旅館でのアルバイトです。しかし、旅館で働くことにどんなメリットがあるのか、どんな仕事をするのか、よくわからない方が多いのではないでしょうか?

そこで今回はリゾートバイトの旅館で働くメリットやデメリット、1日の流れについて紹介します。また、旅館での職種や口コミについても紹介しますので、参考にしてください。

目次

旅館のリゾートバイトの特徴

旅館のリゾートバイトの特徴

旅館にもいろいろな仕事があるんです!

さまざまな仕事があるリゾートバイトの中で、人気が高い仕事の1つが旅館のアルバイトです。

着物の着付けや礼儀作法を学べるほか、外国人観光客への対応を求められることもあるため、語学を活かした仕事がしたい方におすすめの仕事です。また、旅館というと接客のイメージが強いかもしれませんが、調理・清掃などの裏方業務もあり、募集される年齢層も幅広いので安心して働くことができます。

住み込みでのアルバイトとなるケースが多く、派遣会社を経由して勤続することで寮費・食費・光熱費・交通費が支給されることもあるので、お金を稼ぎやすく貯めやすいのも特徴です。

旅館のリゾートバイトには下記の職種があります。

  • 受付業務(フロント業務)
  • 客室係(清掃)
  • 接客担当・配膳
  • 調理アシスタント

それぞれの仕事内容について紹介します。

受付業務(フロント業務)

旅館での職種の1つが受付業務(フロント業務)です。

フロント業務はチェックアウトする訪問客が現れる午前8時頃から、旅館が閉館する午後10時頃までの間に、8時間勤務となるシフトが組まれます。閉館後以降は、宿直担当の社員が担当することがほとんどです。

フロント業務では、チェックインやチェックアウトの手続き、予約管理、売上集計、客室や食堂などへの客室数や席数の伝達などを担当します。また、訪問客への接客対応もフロント担当の重要な業務です。

訪問客からは下記のようさまざまな要望が寄せられます。

  • 旅館の近くまで来ているが場所がわからないから教えてほしい
  • 翌日の予定が詰まっているのでモーニングコールで起こしてほしい
  • 旅館周辺の観光スポットについて教えてほしい

受け答えのパターンはある程度決まっているため、すぐになれることができますし、丁寧な言葉遣いができていれば指導されたり、怒られたりすることもほとんどありません。

忙しくなるのはチェックアウトやチェックインが込み合うタイミングですが、時間に合わせてフロント対応の人数を増員していることが多いため、対応が難しくなることは多くないでしょう。ただし、旅館によっては取り扱う金額が高くなるため、お金の計算や数え間違いには注意したいところです。

また、予約や売上の集計、POSへの入力などがありますが、特別なタイピングスキルも必要なく、すぐに慣れることができるでしょう。接客スキルを向上させたい方や、何事にも笑顔で対応できる方に向いている職種といえます。

客室係(清掃)

客室係(清掃業務など)も旅館での業務の1つです。
訪問客のチェックイン後・チェックアウト後の客室清掃や、訪問客の夕食時に客室の布団敷きなどを担当します。

客室係の特徴の1つが体力仕事であるということです。
特に、訪問客が外出する午前10時前後から、客室を一気に掃除していきますが、布団を畳んだり、掃除機を掛けたり、アメニティをチェックしたりするなど、作業内容は多岐に渡ります。各部屋での作業にはスピードも求められるため、慣れるまでは大変に感じることもあるでしょう。

もう1つの特徴が、中抜けシフトになることが多いということです。
客室係は午前中から始まる清掃業務がひと段落すると、夕食前後までは特に業務がないため、それまでが勤務時間外となるシフトが組まれます。

例えば午前8時から正午まで働いて中抜けとなり、午後5時から勤務再開して午後9時まで働くというシフトです。中抜け時間は休憩となるため、自分の時間を過ごしたり夕方まで仮眠を取ったりします。そして、夕方から客室の布団敷きを行い、手が空き次第料理の配膳などを行います。

覚えることが多く、1日の労働時間も長めに設定されているため、大変なことも多いですが、稼げる金額はかなり高いといえます。

そのため、体力に自信がある方やしっかりお金を稼ぎたいという方に向いている職種です。

接客担当・配膳

接客担当や配膳担当も旅館での業務の1つです。主な業務は訪問客の出迎えや見送り、客室までの案内、朝食・夕食の配膳となります。旅館での業務のなかでも、比較的楽な仕事で難しく感じることはないといわれています。忙しくなるのは朝食と夕食の時間のみで、それ以外の時間は焦ることなく業務に取り組めます。

客室案内でも、訪問客の荷物を持つなどの気配りが必要になりますが、案内とお茶くみ、館内の簡単な案内だけですので、すぐに慣れることができるでしょう。また、高級旅館での勤務の場合は、訪問客から心づけ(チップ)をもらえることもあるようです。

この業種も訪問客と関わる仕事ですので、接客に自信がある方や丁寧な対応ができる方に向いているでしょう。

調理アシスタント

調理アシスタント(補助)も旅館での業務の1つです。業務内容は、料理の簡単な盛り付けと厨房周りの雑務となります。

基本的に厨房にずっといて作業を行うことになるので、訪問客と接する機会はありません。残飯を扱うことを除けば、業務自体は簡単なものばかりですので、初めての勤務でも問題なく仕事ができるでしょう。調理アシスタントが忙しくなるのは朝食時と夕食時ですので、客室係と同様に中抜けシフトになることがほとんどです。

大変な点としては、朝早いことや厨房にはエアコンがないことが挙げられます。

朝は午前6時頃から勤務がスタートし、午前10時頃まで働きます。その後に中抜けがあり、午後5時頃から勤務が再開されます。また、厨房には冷暖房機器がないケースがほとんどですので、夏は暑く、冬は寒いことは覚悟しておいた方がいいでしょう。

旅館のリゾートバイトのメリット

旅館のリゾートバイトのメリット

旅館ならではのメリットもあります!

旅館のリゾートバイトで働くメリットを紹介します。具体的なメリットは下記のとおりです。

  • 生活費を掛けずに働ける
  • 交通費が無料で働ける
  • 支出が少なくお金が貯まりやすい
  • 高い接客スキルを身につけられる
  • 温泉に毎日入れる
  • 旅をしている感覚を味わえる
  • さまざまな人に出会える

生活費を掛けずに働ける

旅館のリゾートバイトで働くメリットの1つが、生活費を掛けずに働けるということです。

リゾートバイト専門の派遣会社を通じて採用されると、生活するための寮が提供されるほか、寮費や水道光熱費、食費まですべて支給されるため、生活費が掛かりません。必要最低限の出費に抑えて生活できるため、しっかりとアルバイト代を稼ぐことができます。

ただし、旅館に直接雇用される場合、アルバイト代から寮費や光熱費、食費などが天引きされる場合があるため注意が必要です。

生活費を掛けずに旅館でアルバイトがしたい場合は、リゾートバイト求人を専門に扱う派遣会社を利用することをおすすめします。

交通費が無料で働ける

旅館のリゾートバイトで働くメリットとして、交通費無料で働けるという点が挙げられます。

こちらもリゾートバイト専門の派遣会社を経由した場合ですが、自宅から勤務先の旅館までの往復の交通費を負担してもらうことができます。そのため、移動に掛かる経費を抑えることができるうえ、日本全国にある自分が働きたいと感じる旅館を勤務先として選ぶこともできます。

ただし、勤務期間があまりに短い場合、交通費を全額負担してもらえないケースもあります。交通費の取扱いについては派遣会社に必ず確認しておきましょう。

支出が少なくお金が貯まりやすい

旅館のリゾートバイトでは、支出が少なくお金が貯まりやすいというメリットもあります。先述したとおり、旅館に住み込みで働く場合、寮費や光熱費、食費が負担してもらえます。

それに加えて、地域によって異なるものの、旅館によっては周辺に娯楽や観光スポットが少ないところもあります。特に温泉旅館の場合は、旅館自体が娯楽や観光のスポットとなっていて回りには何もないケースもあります。

勤務時間以外にお金を使う場所が少ない場合、余計な出費が増える心配がないため、稼いだアルバイト代をしっかりと確保できるというわけです。旅館でのリゾートバイトは、しっかり稼いでお金を貯めたいと考えている方に向いているといえるでしょう。

高い接客スキルを身につけられる

高い接客スキルを身につけられるというのも、旅館のリゾートバイトで働くメリットです。

訪問客にとって、旅館で働いている人が正社員なのかアルバイトなのかの見分けはつきません。また、旅館に対してそれなりの料金を支払っているため、それに見合った接客を求められます。そのため、アルバイトとはいえ、丁寧な接客対応が必要になります。

普通のアルバイトでは得られないようなレベルの高い接客スキルや忍耐力、一般常識など、学べる点が多いというのも、旅館でのアルバイトの魅力といえます。

温泉に毎日入れる

温泉のある旅館で働く場合、仕事終わりに毎日温泉に入れるというメリットがあります。

旅館内に設営されている温泉に入る場合、宿泊者でなければ1回数千円の利用料金を取られますが、旅館で働いている場合は無料で入浴できます。

温泉にはリラックス効果や新陳代謝を促進する効果など、さまざまな効果があり、心身ともに健康が高められる効能があります。アルバイトの後に温泉に入れば疲れは取れやすく、夜もぐっすり眠ることができるでしょう。

旅をしている感覚を味わえる

働きながら旅している感覚を味わえるのも、旅館のリゾートバイトで働くメリットといえます。

リゾートバイトの大きな魅力の1つが、普通のアルバイトでは絶対にないことを体験できるということです。旅館や観光地といった非日常的な職場に暮らしながら働けることや、いつもとは違う食事を味わえること、仕事終わりに毎日温泉には入れることなどは、旅館のリゾートバイトを選択したからこそ手に入れられるものです。

旅をすることが好きという方にはピッタリの働き方といえるかもしれません。

さまざまな人に出会える

さまざまな人と出会えるというのも、旅館のリゾートバイトで働くメリットです。

先述しているとおり、リゾートバイト専門の派遣会社を経由している場合、自宅から勤務先までの往復交通費を負担してもらえます。そのため、旅館のアルバイトには全国各地からさまざまな方が集まってきます。もちろん、その旅館で働く方や旅館がある地域の方などにも出会うことが可能です。

さまざまな人との会話やふれあいを通じて、価値観を共有できたり、アルバイトの思い出ができたりすることもあるでしょう。

旅館のリゾートバイトのデメリット

旅館のリゾートバイトのデメリット

旅館で働くうえでのデメリットとは?

一方、旅館のリゾートバイトには下記のデメリットがあります。

  • 覚えることが多い
  • 着付けに時間が掛かる
  • 朝が早く夜まで働くことも
  • 中抜けシフトになることが多い
  • たすき掛けの休日になることが多い
  • 移動が不便
  • アルバイトでも厳しく見られる

覚えることが多い

仕事をするうえで覚えることが多いのが、旅館のリゾートバイトで働くデメリットの1つです。

旅館で働く場合、決め事や仕事内容などはかなり多いといわれています。特に、客室係は細かく確認しなければならない点が多いため、慣れるまではきつく感じる方も多いようです。

新しいアルバイトを始める際は、仕事を覚えることからスタートするものですが、旅館での勤務では、最初のうちはかなり頭を使いながら仕事をする必要があります。

余裕を持って仕事ができるまでには時間が掛かるかもしれません。

着付けに時間が掛かる

着物の着付けに時間が掛かるというのも、旅館のリゾートバイトで働くデメリットです。

男性の場合は作務衣を着用して仕事をすることがほとんどなので、気にする必要はありません。

しかし、女性の場合は仲居として着物を着用して仕事に当たるケースがあります。旅館によっては二部式着物や作務衣を着用することもありますが、高級旅館で勤務する場合は本式の着物を着用すると考えておきましょう。

旅館の仲居の仕事は花形である一方、最初のうちは着付けに時間が掛かることが多く、苦手な人の場合は勤務前にかなりの時間を要して着物を着付けなければなりません。着物の着付けがどうしてもできない方や苦手という方は、本式着物の着用がない旅館を選ぶようにしましょう。

朝が早く夜まで働くことも

勤務時間が朝早く、夜遅くまで働くことがあるのも旅館のリゾートバイトでのデメリットです。

旅館の朝は早く、朝の5時半から6時頃には朝食の準備を始める必要があります。そのため、朝が苦手という方には少々きつい仕事といえます。また、繁忙期では夜の10時から11時ころまで拘束されることもあり、睡眠時間を十分に取れないケースもあるといわれています。

中抜けの自由時間にはかっちり睡眠を取ってカバーするという方も多いなど、生活のリズムに慣れるのに時間が掛かる可能性があるため注意が必要でしょう。

中抜けシフトになることが多い

中抜けシフトになることが多いというのも、旅館のリゾートバイトで働くデメリットでしょう。

これまでに説明しているとおり、旅館のアルバイトでは朝早くから昼前くらいまで勤務をして一旦中抜け休憩時間に入り、夕方以降に勤務を再開するというシフトが組まれるケースが多いといえます。中抜けはある程度まとまった時間があるものの、その後にまた仕事が待っているため、休んだ気にならないと感じる方や、仕事のリズムが合わないと感じる方もいるようです。

旅館のアルバイトでは、特殊なシフトで働くということを理解しておいた方がいいでしょう。

たすき掛けの休日になることが多い

勤務する旅館によってはたすき掛けの休日になることが多いことも、デメリットといえます。

旅館の仕事は、宿泊する訪問客に合わせてすべて動くことになるため、チェックインやチェックアウトの時間に合わせてシフトが組まれるケースがほとんどです。

休日の取り方も変わっており、1日分の休日があった場合、ある日の午後から翌日の午後までがオフといった、たすき掛けの休日制度を採用している旅館もあります。そのため、丸1日を休日として使えないこともあります。

がっつり働きたいけれど、休日もしっかり取りたいと考えている方にとっては、旅館の仕事は向かないこともあるでしょう。

移動が不便

移動が不便であることが多いというのも、旅館のリゾートバイトをするデメリットの1つです。

旅館の立地によって異なりますが、自然にあふれる場所にある旅館などでは、近くにコンビニやドラッグストアなどがなく、車で移動しないと買い物に行けないケースがあります。

日用品の買い出しや急な用事で銀行・郵便局へ出向く必要がある際に、気軽に出かけられないため、どのように対応すればいいのか事前に確認しておくことをおすすめします。

アルバイトでも厳しく見られる

フロント業務や接客業務など、訪問客に接する業務を行う場合は、アルバイトであっても厳しい目で見られるというのもデメリットです。

旅館での業務には上品な立ち振る舞いや丁寧な言葉遣い、訪問客をもてなすホスピタリティが要求されます。また、訪問客にとって従業員が正社員かアルバイトは関係ないため、アルバイトであっても正社員と同様の接客が求められることになります。

一般的なアルバイトとは異なり、訪問客や上司、正社員からも厳しい目で見られる可能性が高いのが旅館でアルバイトであることを理解しておきましょう。

旅館バイトの1日の流れ

旅館バイトの1日の流れ

旅館で働く姿をイメージしましょう!

旅館でのアルバイトの1日の流れについて、一例を紹介します。ここでは、旅館の仲居のポジションで働く場合を見ていきましょう。

午前4時30分に起床して勤務開始

旅館の朝は早く、午前中に勤務がある場合は午前4時30分頃には起床します。

旅館によっては着物の着付けが必要になる場合もあり、起床後からあわただしく準備に取り掛かることになります。勤務開始直後は訪問客に提供する朝食の用意するために、盛り付けや配膳などを行います。もちろん、お客様への料理の説明も仲居の仕事です。毎日変わるコースについてメニューや料理名を覚える必要があります。

朝食後は朝食の後片付けやチェックアウトされた客室の後片付けなどを行います。

午前10時から午後3時まで休憩

一通りの作業が完了したら、中抜けの休憩時間を迎えます。

基本的には自由時間となるため、旅館の周りを散策したり、夕方以降の仕事備えて仮眠を取ったりします。

午後3時から勤務再開

中抜け時間が終わった後は、15時から勤務再開となります。この時間帯では、チェックインされる客室の準備と、夕食の準備がメインの業務となります。

訪問客をもてなすための部屋の準備を整えたり、夕食後のお客様の布団敷きを行ったりします。すべての作業が完了するのが午後10時から11時頃となり、その日の仕事は終了です。

旅館のリゾートバイトの口コミ・評判

旅館のリゾートバイトの口コミ・評判

旅館で働いたことがある方の意見を参考にしましょう。

ここでは、旅館のリゾートバイトに対する口コミや評判について紹介します。

旅館のリゾートバイトの良い口コミ・評判

自分は裏方専門で風呂掃除や庭とか周辺の掃除、調理補助とかの仕事でした。こっちの方が気楽にやれる。しかもここ温泉無料だったのですげぇ気持ち良かった。

引用元:旅館バイトの評判

旅館のバイトのなかでも、裏方専門の仕事は訪問客と接することがないため、根強い人気があるそうです。

また、旅館バイトならではのメリットである温泉に自由に入れるというのは、疲れた体を癒すのに持って来いといえるでしょう。スミジョブでお仕事を探す

とにかく暇な時間がないくらい、いつも時間に追われてました。
人員が少ないのもありましたがこのくらいの忙しさがちょうどよかったです。
時給は1200円もらっていて半年で120万貯金ができました。
住み込みの寮は電気代とか水道などの光熱費無料。
食事3食無料でした。

多分ここまで至れりつくせりのとこってあまりないような。
人手不足だったのでこれ以上人手が減ったらシャレにならないということで
結構手厚い待遇だったのかもと思います。

仲居さんもいい人が多く息子くらいの年齢だったので
皆さん可愛がってくれました。

今は正社員で全然違うところで働いてますが旅館の仕事はいい経験でしたね。

引用元:旅館バイトの評判

高時給・生活費無料・3食無料と旅館のリゾートバイトのメリットを満喫しながらも、やはり気になるのは職場の人間関係です。

仲居さんとも仲良くできれば、かなり楽しい旅館バイトになるでしょう。

旅館のリゾートバイトの残念な口コミ・評判

接客は着物を着ることもあったのでその時は動きずらかったかな。
着物着る時って何が大変かって歩き方とか立ち振る舞いとかイチイチチェックされて言われたような動き方をしないといけないからこれが面倒。

引用元:旅館バイトの評判

女性で仲居の仕事をする場合は、着物を着付けることも大変ですが、着物を着た後の歩き方や立ち振る舞いにも厳しいチェックが入るようです。

仕事の大変さとはまた違う辛さがあるのかもしれません。

自分も旅館で勤務していましたが、中抜けは本当に嫌でした。3時間半の休憩じゃ遠くにも行けないですし、朝が早いと結局ご飯食べて寝ると終わっちゃいますよね。中抜けのせいで自由が効かない事も多いですし。
旅館の仕事は業務内容ももちろん、人間関係も大変ですよね…。旅館ならどこもそんなものだと思います…。

引用元:YAHOO!知恵袋

旅館での仕事の特徴でもある中抜けシフトに辛さを感じることもあるようです。

まとまった休憩時間があっても、数時間後にまた仕事かと思うと、心の底からリラックスするのは難しいでしょう。「旅館で働く=中抜けシフトに慣れる」といってもいいのかもしれません。

住み込みの仕事を探すならスミジョブがおすすめ

住み込みの仕事を探すならスミジョブがおすすめ住み込みの仕事を探しているなら、スミジョブの利用がおすすめです。

スミジョブとは、寮・社宅付きの住み込み求人のみを取り扱う求人サイトです。

全国各地の求人を扱っているため、田舎から都会まで好きな場所に移住して仕事ができるほか、工場や製造業、リゾートバイト、農業、宿泊施設など、さまざまな職種を紹介しているのも魅力です。

すべてのサービスを完全無料で利用できるため、仕事探しに費用が発生することもありません。安心して仕事を探せますので、スミジョブの利用を検討してみてください。

まとめ

リゾートバイトの旅館で働くメリット・デメリットや1日の流れについてのまとめ今回は旅館でのリゾートバイトのメリットやデメリット、1日の仕事の流れなどについて紹介しました。

住み込みで働ける旅館の仕事は、生活費や交通費を負担してもらいながら働けるため、しっかりと稼ぐことができます。また、温泉に毎日無料で入れるなどのメリットもあり、人気の高いリゾートバイトの1つです。

一方で、仕事には体力が必要であったり、着物の着付けが必要になったりするなど、特有の大変さがある仕事でもあります。

本記事を参考に、旅館でのアルバイトを検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次