短期のリゾートバイトのメリットとデメリットを紹介

リゾートバイトというと一般的には1ヶ月~3ヶ月程度の勤務期間となっていることが多いですが、1ヶ月に満たない短期求人もあります。

リゾートバイトを希望する方のなかには、長期の求人と短期の求人で何がどう違うのかわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、短期のリゾートバイトのメリットとデメリットについて解説します。リゾートバイトを探している方は参考にしてください。

短期のリゾートバイトとは

短期リゾートバイトについて
人気の短期リゾートバイトについて解説いたします。

短期のリゾートバイトとは、勤務期間が1ヶ月未満の求人のことを指すと考えていいでしょう。

勤務地や勤務時期によって勤務期間は異なりますが、リゾートバイトの求人の多くが1ヶ月から3ヶ月程度の勤務期間を設定しています。

もちろん、それ以上の勤務期間をはじめから設定している勤務先もありますし、例えば2ヶ月程度の勤務期間を設定し、働きやすければ勤務期間の延長に対応する勤務先もあります。

リゾートバイトでは、繁忙期やシーズンに合わせて増員したい思惑があるため、それぞれのシーズン前に求人募集を行い、シーズンが終わるまで働いてほしいと考えるケースが多いといえます。

そのため、1ヶ月未満の短期求人はそれほど多くないと考えておきましょう。

1~2週間程度の求人もある

短期リゾートバイトの求人のなかには、1~2週間程度の勤務期間を設定している求人もあります。

例えばゴールデンウィーク限定の仕事や、春休み・冬休み限定の仕事などがこれに当たります。

あるリゾートバイトの求人サイトで検索したところ、離島での裏方業務担当やリゾート地でのレストランのホールスタッフ、温泉の仲居などの求人が見られました。

スキー場や海水浴場などのような、季節によって繁忙期がある程度まとまっている求人ではなく、季節に関係なく長期休み(春休み・ゴールデンウィーク・冬休みなど)に人手が増える観光スポットなどの求人が多い傾向にあります。

リゾートバイトについてもっと詳しく知りたい方は「リゾートバイトとは?住み込みバイトとの違いやメリット・デメリットを紹介」でも解説しているので参考にしてみてください。

短期のリゾートバイトのメリット

短期リゾートバイトのメリット
短期リゾートバイトはメリットがたくさん!!

短期のリゾートバイトのメリットは下記のとおりです。

  • 1~2週間だけでも働ける
  • 友だちと働ける
  • お金を貯めやすい
  • 生活費無料でバイトができる
  • 人間関係に悩まなくていい

1~2週間だけでも働ける

短期のリゾートバイトのメリットは、1~2週間だけでも働けるということです。

先述しているように、一般的なリゾートバイトの勤務期間は1ヶ月~3ヶ月程度であることが多いですが、1週間~2週間程度の短期求人も存在します。

そのため、転職活動中の空き期間や学校の休み期間など、ちょっとした期間を利用して効率的にお金を稼ぐことができます。

友だちと働ける

短期のリゾートバイトでは、友だちと一緒に働けるというメリットがあります。

一般的なアルバイトでは、友だちと一緒に応募して同時に採用されるケースはあまり多くありません。しかし、リゾートバイトでは友だちと同時に応募できる求人もあり、実際に採用されるケースもあります。

また、友だちを紹介することで特典が得られるリゾートバイトサイトも存在します。

友だちと一緒に働けるのであれば、遠方の仕事でも不安が軽減されますし、休みの日は観光スポットなどで一緒に過ごせるので思い出作りもできるでしょう。

一緒に行動している友だちと同じ期間予定が空くようなら、リゾートバイトに誘ってみてはいかがでしょうか。

お金を貯めやすい

短期のリゾートバイトはお金が貯めやすいというメリットがあります。

勤務期間が短いリゾートバイトの求人では、休みが少なめでしっかり働けるシフトが組まれることが多い傾向にあります。

また、生活している地域によって異なりますが、リゾートバイトは時給が高めに設定されていることが多いため、短期間でもしっかり稼ぐことができます。

そのため、留学や旅行など目的をもってお金を貯めたいと考えている方に向いているバイトといえます。

生活費無料でバイトができる

短期のリゾートバイトでは、生活費無料でアルバイトができるというメリットがあります。

リゾートバイトでは、勤務地に住み込んで働く仕事がほとんどです。そして、その際の寮費や食費、光熱費などを勤務先が負担してくれるケースが多いです。

勤務している間の家賃や食事などを気にすることなく働けるというのは、リゾートバイトの魅力の1つといえます。

ただし、どんな寮・食事が提供されるのかは、勤務先によって異なります。

設備が整ったワンルームタイプの寮が提供される場合もあれば、テレビとベッドしかない部屋が提供されたり、他の勤務者と相部屋になったりするケースもあります。

また、毎食手作りの食事が提供される勤務先もありますし、レトルト食品やお弁当などが支給される勤務先もあります。

勤務先の対応については、求人サイトの担当者に問い合わせて確認しておくことをおすすめします。

人間関係に悩まなくていい

短期のリゾートバイトでは、人間関係に悩まなくてもいいというメリットもあります。

一般的なリゾートバイトでは、バイト仲間と1ヶ月以上寝食を共にしながら働くことになります。そのため、人間関係が濃くなりがちです。

仲良くなれればいいのですが、なかには相性が悪くあなたに合わない人がいるかもしれません。

一方、短期のリゾートバイトは長くても2~3週間程度ですので、慣れてきたころには勤務期間が終わります。相性の悪い相手がいたとしても、勤務に集中していれば、それほど気にならないでしょう。

リゾートバイトのメリットについてはこちらの「リゾートバイトってなに?リゾバの特徴やメリット、リゾバ求人の探し方を詳しく解説」の中でも詳しく解説しています。リゾートバイトでも短期と長期でメリット・デメリットがあるので気になる方は参考にしてください。

短期のリゾートバイトのデメリット

短期リゾートバイトのデメリット
短期リゾートバイトのデメリットについて解説いたします。

短期のリゾートバイトには下記のデメリットがあります。

  • 30日以内の派遣労働には条件がある
  • 求人が少ない
  • 短期のリゾートバイトを連発するのは難しい
  • 勤務先への交通費の負担が大きい
  • 社会保険に加入できない
  • 公休が少ない
  • 人間関係は浅くなりがち

30日以内の派遣労働には条件がある

短期のリゾートバイトのデメリットとして、30日以内の派遣労働には条件があるということを知っておきましょう。

リゾートバイトの雇用形態は、派遣会社に登録して勤務先に派遣されるケースと、勤務先との直接契約になるケースがあり、ほとんどが派遣労働になると考えて差し支えありません。

ただし、30日以内の派遣労働(=日雇い派遣といいます)は労働者派遣法にとって原則禁止されています。

なお、原則禁止となっているのは、いくつかの例外が存在するためです。例外自由としては「業務に関する例外」と「働く人に関する例外」があり、そのいずれかに該当していれば日雇い派遣で働くことができます。

業務が例外事由となるのは、下記の業務に携わる場合です。

    <liソフトウェア開発

  • 機械設計
  • 事務用機器操作
  • 通訳、翻訳、速記
  • 秘書
  • ファイリング
  • 調査
  • 財務処理
  • 取引文書作成
  • デモンストレーション
  • 添乗
  • 受付・案内
  • 研究開発
  • 事業の実施体制の企画、立案
  • 書籍等の制作、編集
  • 広告デザイン
  • OAインストラクション
  • セールスエンジニアの営業、金融商品の営業

このため、旅館やホテルの受付業務や案内業務は業務上の例外事由となります。

また、働く人が例外自由となるのは、下記のとおりです。

  • 60歳以上の方
  • 雇用の保険の適用を受けない学生
  • 年収500万円以上で副業として日雇い派遣に従事する方
  • 世帯年収の額が500万円以上の主たる生計者以外の方

「雇用保険の適用を受けない学生」とは、いわゆる昼間学生のことです。そのため、一般的な大学生や専門学生の方は、短期派遣のリゾートバイトでも働くことができます。

一方、通信教育を受けている方や大学の夜間部課程の方、高等学校の夜間制または定時制課程の方、休学中の方は、業種・職種によっては日雇い派遣で働くことはできません。

また、本業の年収500万円未満(生業年収)の場合は、副業でも短期派遣で働くことはできませんし、年収500万円以上で主たる世帯主(世帯年収の50%以上を占める方)の場合も短期派遣で働くことは不可能です。

リゾートバイトで短期派遣の禁止事項に抵触する人は少ないと思いますが、自分で判断するのが難しい場合は、サイトへの登録前や求人への応募前に確認することをおすすめします。

求人が少ない

短期のリゾートバイトのデメリットとして、求人数が少ないということが挙げられます。

リゾートバイトの求人では、勤務期間が1ヶ月~3ヶ月程度の案件がほとんどで、2週間前後の求人は多く見られません。

あるリゾートバイト求人サイトで検索したところ、900件以上の求人が紹介されているなか、2週間前後の求人案件は30件弱しか紹介されていませんでした。

リゾートバイトを探す時期によって求人数は増減しますが、短期案件はそもそも少ないということを理解しておいたほうがいいでしょう。

短期のリゾートバイトを連発するのは難しい

短期のリゾートバイトに連続して従事するのは難しい、というのもデメリットといえます。

リゾートバイトの多くは閑散期と繁忙期を繰り返しており、閑散期は求人そのものが減少するためです。

短期リゾートバイトを繰り返して、さまざまな場所で働きたいと考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、3ヶ月周期で閑散期が来ますので、長期のバイトを挟みながら働くことをおすすめします。

勤務先への交通費の負担が大きい

勤務先への交通費の負担が大きいというのも、短期のリゾートバイトのデメリットです。

短期のリゾートバイトでは交通費の一部を自己負担しなければならないケースがあるためです。

場合によっては交通費が3分の1程度しか負担してもらえない場合があり、差額が自己負担となってアルバイトの稼ぎが目減りする可能性があります。

長期のリゾートバイトでは、自宅と勤務先との往復交通費を負担してもらえるケースがほとんどですが、短期の場合は事前の確認が必要になります。

社会保険に加入できない

短期のリゾートバイトでは、社会保険に加入できないのもデメリットとなります。

勤務期間が2ヶ月に満たない場合、社会保険に加入条件を満たさないからです。

例えば、2ヶ月以内で期間を定めて起用される場合、2ヶ月を超えて継続雇用されることが決まった日から社会保険の加入対象となります。

つまり、2ヶ月に満たない勤務期間では、社会保険の加入条件を満たせず、人材派遣として働いたとしても、一般的な短期アルバイトと待遇が変わらないことになります。

年金や健康保険料の負担が増える可能性もあるため、注意しましょう。

公休が少ない

公休が少ないというのも、短期のリゾートバイトのデメリットです。

1ヶ月の短期リゾートバイトの場合、公休は多くて8日程度です。最初のうちは慣れない仕事で疲労やストレスがたまりやすく、休日は部屋でゆっくりしているというケースも多いといわれています。

観光や遊びを楽しむためにリゾートバイトがしたいと考えているなら、短期ではなく長期のリゾートバイトを選択したほうがいいでしょう。

人間関係は浅くなりがち

短期のリゾートバイトでは、人間関係は浅くなりやすいといえます。

特に1~2週間程度の勤務となる場合、仕事の内容やバイト仲間に慣れてきたころには勤務が終了します。

さまざまな人との出会いを大切にしたい場合は、短期リゾートバイトは向いていないといえます。

短期のリゾートバイトを探している方におすすめのサイト

短期リゾートバイト探しにおすすめのサイト
短期リゾートバイト探しにおすすめのサイトを紹介いたします。

短期のリゾートバイトを探している方におすすめの求人サイト(派遣会社)を紹介します。具体的には下記の求人サイトがおすすめです。

  • リゾバ.com
  • アルファリゾート
  • リゾートバイト.com
  • ワクトリ
  • リゾートバイト.net

リゾバ.com

リゾバ.comは株式会社ヒューマニックが運営するリゾートバイトの紹介に特化した求人サイトです。

リゾバ.com公式サイト

日本で初めてリゾートバイトを紹介した経緯があり、これまでに1,000以上の施設に対して10万人以上のアルバイト希望者を紹介した実績があります。

登録から退会まで完全無料で利用できるほか、短期案件やミドル層向け案件も多く扱うなど、さまざまな求職者が利用しやすいというのが特徴です。

また、リゾートバイト特有の中抜けシフトの案件だけではなく、通しシフトの案件も選択しやすいため、働きやすさや稼ぎやすさを重視する方におすすめのサイトといえます。

アルファリゾート

アルファリゾートは株式会社アルファスタッフが運営するリゾートバイト専門の求人サイトです。

アルファリゾート公式サイト

愛知県に本社と新宿・仙台・大阪など全国6ヶ所に支店を構え、さまざまなリゾートバイトを紹介しています。

アルファリゾートの特徴の1つが、時給の高い求人が多いということです。例えば旅館の仲居の仕事であれば、未経験者でも時給1,230円以上、経験者で一定の条件を満たす場合は時給1,350円以上となっています。一定期間修業した場合は、プレミアム価格(時給1,250円以上)が保証されるのも魅力です。

リゾートバイト.com

リゾートバイト.comは、株式会社グッドマンサービスが運営する求人サイトです。リゾートバイトをメインに正社員の仕事や自宅から通える仕事など、さまざまな求人を取り扱っています。

リゾートバイト.com

リゾートバイト.comの特徴は、他の派遣会社と比較して各求人の時給を高く設定しているということです。

同社では「若者を応援する」というモットーのもと、運営会社の利益ではなく、利用者の利益を優先しているためです。

そのため、同じ条件・同じ勤務先の求人でもリゾートバイト.comの方が高い時給を設定しており、仮に同条件の求人で他社の方が高時給の場合は、担当者に問い合わせることで対応してもらえます。

ワクトリ

ワクトリ(WORKTRIP)は、株式会社PONSTAFFが運営するリゾートバイトの求人に特化した求人サイトです。

ワクトリ公式サイト

全国各地のリゾートバイト求人を紹介しており、寮費・食費・光熱費無料の求人案件も多数取り扱っています。

また、自宅から勤務地までの交通費が支給されるほか、給与当日の振込対応(お給料速払い制度)にも対応しているなど、しっかり稼ぎたいと考えている方におすすめの求人サイトといえます。

経験豊富な専属コーディネーターが、仕事探しから仕事中の心配ごとまでサポートくれますし、LINEやSNSで気軽に連絡できるため、安心して働くことができるでしょう。

リゾートバイト.net

リゾートバイト.netはビーグッド株式会社が運営するリゾートバイト専門の求人サイトです。

リゾートバイト.net

求人の質にこだわっているのが特徴で、すべての求人が特典・ボーナス制度・寮付の案件となっています。

リゾート業界に精通したスタッフが多数在籍しており、仕事探しから勤務が終了するまでしっかりサポートしてくれるのも魅力です。

勤務中に独自のポイントサービス「bePOINT」が貯まり、Amazonギフト券やJTB旅行券と交換できるなど、特典も豊富に用意されています。

住み込みの求人を探すならスミジョブがおすすめ

住み込み求人ならスミジョブもおすすめ
住み込み求人を探しているならスミジョブもおすすめです!

住み込みで働ける仕事を探すなら、スミジョブの利用もおすすめです。

スミジョブとは、住み込み寮完備で働ける求人を紹介する求人サイトで、全国各地の求人情報を扱っています。

期間工や製造業、新聞配達、リゾートバイト、農業などさまざまな求人を取り扱っています。

住み込みの仕事探しには、スミジョブをぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は短期のリゾートバイトのメリットやデメリットについて紹介しました。

短期のリゾートバイトは、ちょっとした期間でも働くことができるほか、友だちと働くこともできるなどのメリットがあります。

一方で、求人数は少ない傾向にあり、交通費の一部負担が必要になったり、社会保険に加入できなかったりするケースがあるなどのデメリットもあります。

短期のリゾートバイトを希望するなら、本記事を参考にメリット・デメリットについて理解しておきましょう。

スミジョブ 「スミジョブ」|は住み込みバイト・リゾートバイト・社宅付き・社員寮完備・寮付き・出稼ぎなど、住み込みや寮ワードで探しているユーザーにとって非常に便利な求人サイトです。
お仕事は製造の住み込み求人から、リゾートバイト等のアルバイト求人・マンション管理人・新聞配達などの住み込み求人まで幅広く取り扱っております。

【寮・社宅で検索】
寮費0円|ワンルーム寮完備|カップル寮・家族寮| ペット寮|即入寮OK|初期費用無料| 完全個室寮|初期費用0円|赴任交通費支給|

【人気条件で検索】
未経験OK|高収入|即入寮|日払い|ボーナスあり|車・バイク通勤OK|大手企業で働く|本日面接OK|ブランクOK|高収入・高額|女性活躍中の職場|即採用・即赴任・即入寮|友達と応募OK|

【都道府県で検索】
<北海道・東北>
北海道|青森県|岩手県|宮城県| 秋田県|山形県|福島県|
<関東>
東京都|神奈川|埼玉県|千葉| 群馬県|茨城県|栃木県|
<甲信越・北陸>
新潟県|富山県|石川県| 福井県|山梨県|長野県|
<東海>
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|
<関西>
大阪府|兵庫県|和歌山県| 京都府|滋賀県|奈良県|
<中国>
鳥取県|島根県|広島県|山口県|
<四国>
徳島県|香川県|愛媛県|高知県|
<九州・沖縄>
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県| 大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県|
『高収入』『即入寮』の住み込み求人が2,500件以上!
お仕事を探す
『高収入』『即入寮』の住み込み求人が2,500件以上!
お仕事を探す