初期費用が払えない場合の対処法!一人暮らしを始めるには『住み込み仕事』がおすすめ

今回の記事では、一人暮らしの初期費用が払えない場合の対策について紹介します。

「一人暮らしの初期費用はどのくらいかかる?」
「初期費用が払えないと、今すぐに一人暮らしを始めるのは無理?」
「住み込み仕事に興味はあるけれどどんなものかわからず不安……」

仕事や家庭の都合などで、一人暮らしを考えている人が少なくないでしょう。

しかし、一人暮らしを始めるには高額な初期費用が必要となり、払えない場合は賃貸契約ができません。

賃貸契約以外にも一人暮らしを始める方法はあるので、自分に合った方法が無いかチェックすることが大切です。

一人暮らしの初期費用の平均額や内訳、初期費用をまとめて用意しなくてもいい方法などについても解説しているので、一人暮らしの初期費用が払えない場合の対策に興味がある人はぜひチェックしてみてください。

↓「お金ないけど一人暮らししたい!」初期費用0円で始める3つの方法を紹介

一人暮らしの初期費用の平均金額は?

一人暮らしの初期費用目安としては、最低限家賃の半年分程度です。例えば5万円の家賃の場合、最低でも30万円はかかると考えた方がいいでしょう。

ただし、引越しの距離やシーズンによってはもっと費用がかかる場合もあるので、プラスで用意しておいた方がいいかもしれません。

一人暮らしの初期費用を節約する方法は?

一人暮らしの初期費用を節約する方法は以下の通りです。

  1. 引越し繁忙期を避ける
  2. 物件にかかるオプションを減らす
  3. 分割払いや後払いを利用する

また、住み込みの仕事なら、初期費用を抑えられます。住み込みの仕事を探すなら、住み込み専門求人サイト「スミジョブ」から、条件に合う求人を探してみてください。

スミジョブは全国の寮付き求人が探せる!

目次

【払えない!】一人暮らしの初期費用の平均金額は“家賃半年分”が相場

一人暮らしの初期費用の平均は、家賃によって異なるため一概には言えません。

目安としては、最低限家賃の半年分以上用意しておくといいでしょう。

例えば5万円の家賃の場合、最低でも30万円はかかると考えた方がいいでしょう。

ただし、引越しの距離やシーズンによってはもっと費用がかかる場合もあるので、プラスで用意しておいた方がいいかもしれません。

【払えない!】一人暮らしの初期費用の内訳

一人暮らしの初期費用の内訳は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 賃貸物件の初期費用:家賃の半年分(30万円程度)
  • 引っ越し費用:3万円~6万円
  • 家具家電購入費:10万円~20万円

初期費用の内訳1. 引越し費用

引越し費用とは、業者などを利用して今の部屋から新しい部屋に荷物を運搬するための費用です。

荷物量が少なく、引越し距離が短ければ自分や友人だけでレンタカーを利用して対応できるかもしれません。

しかし、荷物が多い、壊れやすく運搬するのが難しいものがある場合などは、自分たちで引越し作業を行うと故障や弁償のリスクもあるので、最初から業者に依頼しておいた方がいいでしょう。

単身プランであれば県内だと15,000円程度から依頼できます。

初期費用の内訳2. 物件契約に関する費用

物件を契約する際には、不動産業者に支払うコストがかかります。

代表的なものとして敷金礼金や仲介手数料などが挙げられます。

その他には鍵交換費用や部屋のクリーニング代、火災保険加入費用などがあり、1つあたりは数千円程度であっても、項目数が多くなると数十万円の出費となってしまうでしょう。

初期費用の内訳3. 家具・家電の費用

新しく一人暮らしを始める場合、ゼロから家具や家電を用意しなければなりません。

快適な生活のために必要な製品を買いそろえていくと限りなくコストがかかってしまうので、最初は必要最低限のものに絞っての購入をおすすめします。

スミジョブは全国の寮付き求人が探せる!

【払えない!】一人暮らしの初期費用を今すぐ用意する対策3選

次に、今すぐに一人暮らしを開始したい人におすすめの対策について3つ紹介します。

  1. 家族や知人に初期費用を立て替えてもらう
  2. 分割払いや後払いを利用する
  3. 金融機関などで借入をする

初期費用を用意する方法1. 家族や知人に初期費用を立て替えてもらう

すぐにお金を手に入れる方法の一つとして、家族や知人に初期費用を立て替えてもらうことが挙げられます。

金融機関から借りる場合と比べても利子がゼロもしくは少額で済む可能性が高く、金銭的に見てもメリットがあるでしょう。

しかし、家族だからといって返済をあいまいにすることはおすすめしません。

お金のトラブルが人間関係に影響を与えるリスクも十分に考えられるので、返済に関しての誓約書は必ず作成しておきましょう。

初期費用を用意する方法2. 分割払いや後払いを利用する

初期費用をまとめて払えない場合、分割払いや後払いを利用するのも一つの手段です。

家具家電の購入だけでなく、不動産業者に支払う初期費用もクレジットカード決済可能なケースもあります。

ただし、計画なしで分割払いや後払いを利用していると、後々返済が苦しくなり生活にも影響を及ぼすリスクもあるので注意してください。

せっかく初期費用をまかなって一人暮らしをスタートできても、借金返済のために家賃が支払えなくなっては意味がありません。

初期費用を用意する方法3. 金融機関などで借入れをする

家族や知人にお金を借りるのが難しい場合、金融機関の借入れを利用するという手段もあります。

銀行や消費者金融の借入れは利息を含めて借金返済ができれば、家族や知人に迷惑をかけずに現金を手に入れられます。

しかし、利息が高く、計画なしで借金をすれば返済に苦しむ状態になってしまうでしょう。

自分の返済能力に見合った金額のみ借入れをし、完済できるよう計画してから契約することが大切です。

ただし、誰でも必ず契約できるとは限りません。

借入れには審査が必要で、審査をクリアした場合のみ利用可能ということに注意してください。

スミジョブは全国の寮付き求人が探せる!

【払えない!】一人暮らしの初期費用を抑える方法3選

上記の対策はお金を借りるということなので、抵抗がある人も少なくないでしょう。

借金無しで初期費用をまかなうには、「初期費用を削減する」方法があります。

ここでは、一人暮らしの初期費用を抑える方法について3つ紹介します。

  1. 引っ越し繁忙期を避ける
  2. 物件にかかるオプションを減らす
  3. 住み込み仕事に就く

初期費用を抑える方法1. 引越し繁忙期を避ける

引越し業者への依頼費用はシーズンによって異なります。

繁忙期である3月や4月は、同じ荷物量や引越し距離であっても割高になる可能性が高いので、コストを抑えたい人にはおすすめしません。

反対に、閑散期である10月頃は費用を抑えられるのでおすすめです。

また、不動産業者に支払う敷金礼金などの費用も引越し費用と同じく、引っ越し繁忙期には同じ物件でも高くなる傾向があるので、できる限り閑散期を狙うといいでしょう。

初期費用を抑える方法2. 物件にかかるオプションを減らす

鍵交換費用や部屋のクリーニング代などは、希望すればカットできるかもしれません。

そして、火災保険などは不動産業者指定のプランではなく自分で必要最低限のものを選べるケースもあります。

敷金礼金は仲介業者が指定した金額のため減らすことは難しいですが、敷金礼金ゼロの物件を探すという手もあります。

初期費用を抑える方法3. 住み込み仕事に就く

住み込み仕事に就くという手段があります。

住み込み仕事は会社が用意した寮や社宅に家賃ゼロもしくは少額で住める上に、引越しに関する費用を企業が負担してくれるケースも珍しくありません。

すぐに採用される仕事も多いため、初期費用が無くてもすぐに一人暮らしを開始したい人にもおすすめです。

【将来的に…】一人暮らしの初期費用を貯める方法3選

ここでは、一人暮らしの開始時期がまだまだ先の人が、初期費用を用意する3つの対策を紹介します。

  1. 転職や副業で収入アップを図る
  2. 日々の浪費を抑えて貯金する
  3. 寮や社宅付きの仕事を探す

初期費用を貯める方法1. 転職や副業で収入アップを図る

転職や副業で収入アップをし、初期費用を貯めるのは非常に効果的でしょう。

転職活動は現職と並行するには体力や気力が必要となりますが、転職エージェントなどを活用すれば両立できるでしょう。

ただし、転職の準備が不足していると、なかなか転職先が見つからず苦労するので書類作成や面接対策はしっかり整えておくことをおすすめします。

副業は現職を続けながらすぐに収入源を増やせる手段です。

飲食店でのアルバイトのような体力勝負のものや、在宅のパソコンワークのようなスキル勝負のものなど、内容は多岐にわたるので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

副業は現職とのダブルワークとなるので、体力や時間の配分を考えてスケジュールを組むことが大切です。

副業に力を入れすぎることによって、本業がおろそかになってしまっては意味がありません。

初期費用を貯める方法2. 日々の浪費を抑えて貯金する

日々のちょっとした浪費も、積み重なっていくと大きな出費となります。

このような出費を抑えて貯金に回すと、その貯金で一人暮らしの初期費用をまかなえるかもしれません。

毎日の積立金が少額であるほど負担は少なくて済みますが、その分長い期間が必要となります。

一人暮らしを検討している人は、できる限り早めに貯金をスタートすることをおすすめします。

初期費用を貯める方法3. 寮や社宅付きの仕事を探す

現職の収入アップが見込めない場合、出費を減らすことも検討してみましょう。

大きく出費を減らす手段として、寮や社宅付きの仕事に就くことが挙げられます。

寮や社宅に住むと、一人暮らしの大きな出費を占める家賃をカットできます。

さらに引越しにかかる初期費用を企業が負担してくれる場合、現在貯金がなくても引越しできるでしょう。

スミジョブは全国の寮付き求人が探せる!

人にお金を借りることに抵抗がある人は『住み込み仕事』がおすすめ

上記で、人や機関からお金を借りたくない人は住み込み仕事がおすすめであると述べました。

最後に、住み込み仕事のメリットやデメリット、注意点について解説します。

  • 効率的に貯金できる
  • 資格やスキルが無くても働ける
  • 引越しにかかる初期費用がかからない
  • 現職を退職する必要がある
  • 通い仕事と比べて業種や職種が少ない
  • ニーズに合った仕事を選ぶ必要がある

住み込み仕事のメリット

住み込み仕事のメリットとして、以下の3つが挙げられます。

家賃や生活費を抑えながら稼げるので効率的に貯金できる

住み込み仕事の中には高時給なものも多く、しっかり稼ぎたい人にもおすすめです。

さらには家賃や生活費などを抑えながら過ごせるので、手元に残るお金を増やせます。

できる限り出費を抑えたい人は、食事つきや光熱費ゼロなどの住み込み仕事を探すといいでしょう。

節約できたお金を貯めていけば、住み込み仕事を退職後に一人暮らしをする場合の初期費用も効率的に用意できるでしょう。

特別な資格やスキルが無しで誰でもできる仕事が多い

住み込み仕事には、特別な資格やスキル無しでも誰でもできる仕事が数多くあります。

飲食店のスタッフや警備員、販売員などは現場で仕事を覚えることを前提としており、経歴やスキルに関係なく誰でも採用されやすい傾向にあります。

採用されるまでの期間が短い方がいいという人にとっても、住み込み仕事はおすすめと言えるでしょう。

引越しにかかる初期費用不要で寮や社宅に住める

先述したように、住み込み仕事の場合は引越しに関する費用も企業が負担してくれるケースがほとんどです。

引越し費用に加え、不動産業者に支払う費用も必要ありません。

さらには必要最低限の家具や家電が寮に完備されていれば、自分で新しく購入する費用も抑えられます。

初期費用が無い状態でも、自己負担無しで家具・家電付きの部屋に引っ越せるという点は、住み込み仕事の最大のメリットの一つと言えるでしょう。

スミジョブは全国の寮付き求人が探せる!

住み込み仕事のデメリット

一方、住み込み仕事には以下の3つのようなデメリットも挙げられます。

現職を退職する必要がある

原則として住み込み仕事はダブルワーク禁止です。

そのため、現職がある場合は住み込み仕事を始める前に退職しておかなければいけません。

現在の仕事を続けたい場合は、住み込み仕事は控えた方がいいでしょう。

無断でダブルワークをすると、思わぬトラブルに発展するかもしれません。

通い仕事と比べて業種や職種が少ない

住み込み仕事は接客業や清掃業などの仕事がありますが、通い仕事と比べるとまだまだ数は多くありません。

幅広い職種や業種の中から好きな仕事を選びたい人にとって、住み込み仕事のラインナップは物足りなく感じられるかもしれません。

特にオフィスワークは少なく、時給も高いため人気が高い傾向にあります。

オフィスワークはパソコンスキルなどを必要とするケースが多いので、まったくの未経験では不採用になる可能性が高いです。

住み込み仕事はすべての条件を満たした仕事に就ける可能性はあまり高くないと認識しておきましょう。

ニーズに合った仕事を見極めなければ早期退職や無駄な出費に繋がる可能性がある

住み込み仕事はニーズを満たしているか事前に確認しておくことが必要です。

例えば引越し費用や初期費用を抑えるために住み込み仕事を始めても、数ヶ月で終わってしまう仕事であればまたすぐに自分のお金で引越しをしなければなりません。

また、仕事内容が自分に合わず早期退職になっても、次の就職先がすぐに見つかるとは限らないです。

住み込み仕事を探す際の注意点

住み込み仕事を探す際は、以下の注意点について認識しておきましょう。

  • 業務内容だけでなく寮もチェックしておく
  • 複数の求人サイトを見てベストなものを選ぶ

業務内容だけでなく寮もチェックしておく

住み込み仕事は1日の多くの時間を企業が用意した寮で過ごすので、寮の快適さは非常に大切なポイントとなります。

寮の状態が悪く不潔・不便であれば、せっかく仕事内容が自分に合っていてもストレスになってしまい、モチベーションも下がってしまうでしょう。

できる限り寮は採用される前に下見しておきましょう。

複数の求人サイトを見てベストなものを選ぶ

住み込み仕事だけを取り扱っている求人サイトはたくさんあります。

求人数や取り扱い業種などはサイトによって異なるため、自分に合った仕事を見つけるためにはできる限り複数のサイトをしっかりチェックしておきましょう。

例えば「スミジョブ」は工場バイトが多くスタッフのサポートが手厚いなどのメリットがある一方、求人数はあまり多いとは言えません。

複数のサイトをチェックし、ベストな仕事を探しましょう。

スミジョブこだわり条件ランキングTOP5

\ 毎月の出費を抑えれる💰 /

\ 今スグ入居できる💨 /

\ 大切な家族と暮らしたい🐶 /

\ プライベートを大切にしたい! /

\ 毎月の出費を抑えれる! /

  • URLをコピーしました!
目次