就職でハローワークを通すメリットは?手当・給付金も解説!

  • URLをコピーしました!

ハローワークは仕事探しのための施設で全国にあるので知っている方も多いと思いますが、就職活動で他の求人サイトなどではなく、わざわざハローワークを通すことにメリットはあるのでしょうか?

今回は就職活動でハローワークを通すメリットと、ハローワークで受けられる手当や給付金についても解説していきます。

<<あわせて読みたい>>
ハローワークとは?受けられるサービスや着ていく服装についてもご紹介

ハローワークとは?

ハローワークとは、厚生労働省が設置している施設で、国民に安定した雇用機会を確保することを目的としている施設です。一部を除きほとんどのサービスが無料で受けられるようになっており、誰でも気軽に仕事探しを出来ることが大きな特徴でありメリットです。

正式名称を公共職業安定所と言い、略して職安とも呼ばれます。

ハローワークは日本全国に存在しそれぞれに管轄している地域がありますが、自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークでしかできない手続きがあることに注意が必要です。

ハローワークを利用するメリットは?

ハローワークを利用するメリットは以下の通りです。

  • 求人数が多く仕事選びの幅が広がる
  • 職業訓練を受けることで仕事の知識を得られる
  • 面接対策で合格率を上げられる
  • 就職全般の相談ができる

仕事探しに関するあらゆるサービスが充実しています。

目次

ハローワークとは

ハローワークとは
そもそもハローワークとは何のことなのでしょうか?

ハローワークは正式名称を公共職業安定所と言い、略して職安とも呼ばれます。一般的な呼び方としてはハローワークを使うことが多いですが、呼ばれ方が違うだけで施設やサービスの内容に違いはありません。

ハローワークは厚生労働省が設置している施設で、国民に安定した雇用機会を確保することを目的としている施設です。よって一部を除きほとんどのサービスが無料で受けられるようになっており、誰でも気軽に仕事探しを出来ることが大きな特徴でありメリットです。

ハローワークは日本全国に存在しそれぞれに管轄している地域がありますが、自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークでしかできない手続きがあることに注意が必要です。

ハローワークで各種サービスを受けるための初回登録や、失業手当に代表される手当・給付金の申請などは管轄のハローワークを通すことが必須なので、二度手間にならないように注意してください。

また、ハローワークでは以下のような方のサポートにも積極的です。

  • 社会的経験の少ない若者
  • 子育て中の方
  • 障がいのある方
  • 高齢者

これら就職困難者に対して専用窓口を設置していることもあるなどハローワークを通すことでメリットを受けられる方は多くいます。

企業側に対しても助成金を支払うなどの対策を通して雇用を促進させているので、企業からしても雇用のメリットがあるのです。

就活をしていても仕事が見つからない方や、内定に結びつかず困っている方は、ハローワークを通すことで受けられるメリットが無いかを相談してみるのが良いでしょう。

ハローワークを通すことでできる事

先ほども紹介しましたが、国民に安定した雇用機会を確保することを目的としている施設がハローワークです。なので、ハローワークを通すことで仕事探しに役立つ色々なサービスが受けられます。

<ハローワークで受けられるサービス>

  • 求人の検索・紹介
  • キャリアコンサルティング
  • 職業訓練
  • 面接対策
  • 就活セミナー
  • 各種手当・給付金受給

このようにハローワークを通すことで仕事探しに役立つようなサポートを中心に様々なサービスを受けることができます。失業手当に代表されるような各種手当もハローワークで受け取ることもできます。

また、ハローワークの大きな特徴としてこれらのサービスを基本無料で受けることができます。職業訓練の受講は基本無料ですが、教材費など受講に必要なものは自己負担で支払わなければいけません。

就活の際にハローワークを通して得られるメリット

就活の際にハローワークを通して得られるメリット
ハローワークではサービスを通してメリットが受けられます。

ハローワークには様々な人に対するサポートや、仕事探しに関するあらゆるサービスが充実していると解説しました。

しかし、大切なのは具体的にどんなサービスを受けられるかが重要です。どんなサービスがあってもメリットがないと意味がないですよね。

ここからは就活の際にハローワークを通すことで得られるメリットをサービス内容とともに解説していきます。

求人数が多く仕事選びの幅が広がる

ハローワークでは求人数が多いので、いろいろな求人から仕事を選ぶことができます。

求人数が多い理由としてはハローワークへの求人掲載が無料でできることにあります。そのため、採用にあまり費用をかけていない企業や、求人サイトに求人を掲載できない企業でも求人を掲載することができます。

国民に安定した雇用機会を確保することを目的としている施設というだけあって、求人掲載に関して寛容なことも求人数が多い要因になっているようです。

注意点としては、求人の実態がブラック企業の求人だったとしても掲載されている可能性があり、そういったブラック企業の求人を完全に見抜くことが難しいことです。

求人票を見ていい求人だと思っても、嘘の内容を書かれてしまうと求職者にとってはどうしようもないですし、職場環境や人間関係に関しては求人内容だけでは判断がつきません。

対策として、気になる求人はハローワークの職員に相談してみて会社の詳しい情報を聞いてみたり、自分の感じている不安などを伝えてみましょう。

こうして求人について詳しく聞くことができるのも、就職でハローワークを通すメリットなので最大限に活用しましょう。

職業訓練を受けることで仕事の知識を得られる

職業訓練とは、仕事をする際に役立つ知識・スキルを身に着ける事の出来る制度です。

受けられるコースは様々ありますので自分に合ったコースを受けるのもいいですし、やりたいことがわからないという方は、受けたコースの内容を通すことで仕事をしているイメージがしやすいというメリットがあります。

職業訓練中の生活費に関しては、訓練受講手当や職業訓練受講給付金などが受給できる可能性がありますが、現在の求職状況や雇用保険の受給状況によって受給できる給付金や受けられるコースが違ってくる場合があります。

よって、ハローワークに相談をしてみて自分がどんなコースを受講できるのかを確認するのが一番確実な方法です。

時期によって開催されているコースが変わることもあるので現在開催しているコースを確認するためにもハローワークへの相談がおすすめです。

面接対策で合格率を上げられる

ハローワークでは面接対策を実施しています。ハローワークの職員は就職に関しての知識が豊富なので、面接対策に関しても安心して任せることができます。

面接対策では本番のようなシチュエーションで面接練習をしていくので自分の面接の何が悪いのか、何を改善すればいいのかを第三者の目線を通して客観的に教えてもらえるメリットがあります。

また、何度でも練習することでスムーズに受け答えできることが増えて、面接で意識するべき立ち振る舞いや言葉遣いなどにも慣れることができるので、面接本番で好印象を与えることができます。

服装については自由ですが、スーツを着て面接練習することによって心理的にも本番での緊張を押さえることができますのでスーツを着用して面接練習に向かうのがおすすめです。

企業側からすると何事にも頑張れるというのは好印象です。就活でスグに対策できることは履歴書の書き方面接対策くらいしかないので、ハローワークの面接対策を通して根気よく練習しましょう。

就職全般の相談ができる

ハローワークでは個別相談も受け付けていて、就職のプロである相談員が相談に乗ってくれます。求職者の状況や要望、悩みなどの相談内容を聞いたうえでどうすればいいのかのアドバイスをしてくれます。相談時間に制限はありますので相談内容はあらかじめまとめておきましょう。

具体的な相談内容としては以下のようなものがあります。

  • 仕事の選び方
  • 自己分析のアドバイス
  • 求人の詳細情報
  • 面接のアドバイス
  • 履歴書などの書類の書き方

とはいえ相談内容に決まりはありませんので不明点があればその都度相談してみましょう。自分で理解したつもりでもハローワークを通すことで正確な情報やお得な情報を得られる可能性もあるので、無料相談のメリットを最大限に活用しましょう。

ハローワークでもらえる手当・給付金

ハローワークでもらえる手当・給付金
ハローワークでもらえる手当・給付金の一例を紹介します。

ハローワークでは各種手当や給付金の受給の申し込みもすることができます。

もらえる手当・給付金にはさまざまあり、条件もバラバラなので一度自分の状況を踏まえて受給できる手当・給付金が無いかを相談してみることをおすすめします。

ここからはハローワークで受給できる手当・給付金の一部を紹介していきますので参考にしてみてください。

失業手当

失業手当とは、失業した人が一日でも早く再就職できるようにするために支給されるもので、失業中の就職活動をサポートするための手当です。

失業手当を受け取るには、失業前に勤務していた職場で雇用保険に入っている必要があります。

また、退職理由が会社の倒産」「解雇」によって退職する会社都合なのか、会社ではなく自分の都合で退職する自己都合なのかによっても受給の条件や受給開始日が変わってきます。

失業手当を受け取りたいという方は自分が会社都合の退職にあたるのか、自己都合の退職にあたるのかもしっかり確認しておきましょう。

以下では会社都合と自己都合の場合の受給条件・開始日を記載しています。

自己都合の場合

・受給条件
失業以前の2年間で雇用保険に加入していた期間が通算して12カ月以上あること
・受給開始日
失業手当の申請後に発生する7日間の待機期間後から2ヵ月もしくは3ヵ月後に受給開始

会社都合の場合

・受給条件
失業以前の1年間で雇用保険に加入していた期間が通算して6ヵ月以上あること
・受給開始日
失業手当の申請後に発生する7日間の待機期間後に受給開始

ただし、離職が自己都合の場合でも離職理由が特定のものに該当している場合には、「特定理由離職者」として会社都合と同じ条件で失業手当が受け取れます。
「特定理由離職者」の範囲は、ハローワーク公式HPの特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要によると以下のようになっています。

特定理由離職者の範囲

1.期間の定めのある労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことにより離職した者(その者が当該更新を希望したにもかかわらず、当該更新についての合意が成立するに至らなかった場合に限る。)

2.以下の正当な理由のある自己都合により離職した者
(1) 体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退等により離職した者(2) 妊娠、出産、育児等により離職し、雇用保険法第20条第1項の受給期間延長措置を受けた者
(3) 父若しくは母の死亡、疾病、負傷等のため、父若しくは母を扶養するために離職を余儀なくされた場合又は常時本人の看護を必要とする親族の疾病、負傷等のために離職を余儀なくされた場合のように、家庭の事情が急変したことにより離職した者
(4) 配偶者又は扶養すべき親族と別居生活を続けることが困難となったことにより離職した者
(5) 次の理由により、通勤不可能又は困難となったことにより離職した者
(a) 結婚に伴う住所の変更
(b) 育児に伴う保育所その他これに準ずる施設の利用又は親族等への保育の依頼
(c) 事業所の通勤困難な地への移転
(d) 自己の意思に反しての住所又は居所の移転を余儀なくされたこと
(e) 鉄道、軌道、バスその他運輸機関の廃止又は運行時間の変更等
(f) 事業主の命による転勤又は出向に伴う別居の回避
(g) 配偶者の事業主の命による転勤若しくは出向又は配偶者の再就職に伴う別居の回避
(6) その他、上記「特定受給資格者の範囲」の2.の(11)に該当しない企業整備による人員整理等で希望退職者の募集に応じて離職した者等

引用元:特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要

失業手当の受給はよく注意しておかないと、受給開始が大きく遅れてしまうのでしっかりと受給の条件を把握しておきましょう。

自分がどの受給条件に当てはまるかわからないという方も、ハローワークの職員に相談することで失業手当の受給をスムーズに進めることができるでしょう。

職業訓練受講給付金

職業訓練受講給付金とは特定求職者に該当する方がさらに一定の支給条件を満たすことによって、職業訓練をしながら月10万円の支給を受けられる制度のことです。
支給条件として以下の条件をすべて満たすことが必須条件になっています。

<満たすべき支給条件>

  • 本人の収入が月8万円以下
  • 世帯全体の収入が月25万円以下
  • 世帯全体の金融資産が300万円以下
  • 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  • 訓練実施日の8割以上に出席している
  • 世帯の中に給付金を受給して訓練を受けている人がいない
  • 過去3年以内に、不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

これらの条件がすべて当てはまる方は職業訓練を受けながら月10万円をもらうことができる可能性があります。

ハローワークを通すことでしかこの給付金は受けられないので、一度相談をしに行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ ハローワークを通すメリットについて

まとめ ハローワークを通すメリットについて

今回は就職でハローワークを通すメリットや、手当や給付金についても解説していきました。

ハローワークでは様々なサービスが無料で受けられたり、仕事探しに関しての相談ができるなどハローワークを通すことで就職を成功に導きやすいということがわかっていただけたと思います。

サービスについても同様ですが、手当や給付金についても今回紹介した以外で様々なものがありますので、一度ハローワークに話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。

本記事を参考にして、ハローワークの利用を検討していただけたら嬉しいです。

  • URLをコピーしました!
京栄くん資料はこちら
目次