【加工とは?】仕事内容や機械加工の代表的な方法を解説

  • URLをコピーしました!

募集でよく見る「加工」の職種ですが、どんなことをするのかご存知でしょうか?

  • 加工の仕事はどのようなことをするのか?
  • 未経験でも加工の仕事はできるのか?
  • 機械加工にはどのような種類があるのか?

加工の仕事が気になって調べてみても、よくわからない方も多いと思います。

そこで、今回は加工の仕事に興味がある方向けに、加工の仕事内容、代表的な機械加工の種類について解説します。

加工がどんな仕事なのか知っていることで、自分にあった仕事が見つけられます。また、就職後のミスマッチも防げるため、キャリア形成もスムーズに進められるでしょう。

<<関連記事>>
【工場勤務に転職したい方へ】工場の仕事内容や魅力、向いている人を解説『未経験OK?』

スミジョブ全国の寮付き求人が探せる!

加工作業とは?

加工とは、素材に手を加えて、新しいものを作り上げることをいいます。加工の仕事は、以下のような職種で採用されています。

  • 自動車部品の加工:金物に溶接やプレス、塗装を行う
  • 電子部品の加工:電極の印刷や配線のカットなどを行う
  • 食品の加工:ライン方式で食材のカットなどを行う
加工の仕事を探すには?

加工作業は未経験でも働ける人気の仕事です。加工作業の求人を探すなら、「スミジョブ」がおすすめです。工場系の求人を豊富に扱っているので、あなたの条件に合った求人が見つかります。

目次

加工とは?どんな仕事をするの?

加工とは?どんな仕事をするの?

加工とは、素材に手を加えて、新しいものを作り上げることをいいます。加工の仕事は、以下のような職種で採用されています。

  • 自動車部品の加工
  • 電子部品の加工
  • 食品の加工

それぞれ、素材に手を加えて、新しいものを作ることは同じです。しかし、対象物が違います。

自動車は金物に溶接やプレスなどをします。電子機器の場合は、電極の印刷や配線のカットなどをおこないます。食品は、ライン方式で食べ物を加工していきます。

それぞれ扱う素材や特徴が違うため、応募する際には注意が必要です。次に、機械加工の内容について解説していきます。

機械加工の仕事内容について

機械加工の仕事内容について

ここからは、機械加工の仕事内容について解説していきます。

商品を作る際には、必要な形があります。その形を、実現するために「加工」という技術があるのです。加工技術は、大型機械や自動車などに用いられます。

未経験でも入社することはできますが、入社後は資格の取得を目指していきます。

  • 機械加工技能士
  • めっき技能士
  • 溶接技能者
  • 溶接管理技能者

など、加工の仕事で取得しておきたい資格は複数あります。

就職する企業によって必要な資格が違うため、応募の際は注意しましょう。

スミジョブ全国の寮付き求人が探せる!

機械加工の代表的な方法について

機械加工の代表的な方法について

ここからは、機械加工の代表的な加工方法について3つ解説します。

  • 切断加工
  • プレス加工
  • 溶接加工

それぞれについて解説します。

1.切断加工

1つ目の加工方法は、切断加工です。

切断加工は、銅の素材を切断し、目的の部品を作り出していきます。ただ切るだけではなく、加工方法はいくつかに分かれます。

  • 旋盤加工
    切断加工の中で一般的。削ったり、穴あけたりの作業をするときに使う
  • フライス加工
    刃物を回転させて加工する。繊細な動きが可能
  • レーザー切断
    レーザーで板を切る作業。ワイヤーでカットできないものも切れる
  • マシニングセンター
    目的に併せてフライス削りや中ぐり、穴あけができる
  • ワイヤーカット放電加工
    極細のワイヤー電極を使った電気の力でカットする

加工するものや目的によって、切断方法は変わります。

2.プレス加工

2つ目の加工方法はプレス加工です。

プレス加工とは、金属に圧力をかけて形を変形させることをいいます。プレス加工は、大量に量産できるメリットがあります。

加工の種類は以下にまとめました。

  • 金型プレス加工
    プレス機にセットした金属に力を加えて変形させる加工
  • せん断加工
    加工材を切断するための加工方法。希望の形に切り出す
  • 絞り加工
    平面のものを変化させて凹凸を作る加工。人手による加工なので、短期間で作成できる
  • ヘラ絞り
    素材を伸ばして目的の形にする方法。初期費用が安く、短期間でできる
  • 曲げ加工
    指定の位置で曲げたいときに使う方法。V字やL字、Z字などに加工できる

企業によって求められるものが違うため、採用する加工方法も変わります。

3.溶接加工

3つ目の加工方法は、溶接加工です。

溶接加工とは、2種類以上の金属を融合させる加工のことをいいます。

溶接加工は、4つに分けられます。

  • 被覆アーク溶接
    くっつけたい素材と同じ金属棒を電極として用いる。熱の力で接着する
  • スポット溶接
    溶接する2つの素材を合わせて、溶接部分に電気を流して結合させる方法
  • レーザー溶接
    波長の光をレンズで集めて、密度を高めて鉄剤が溶ける温度を作り出す。加工物を溶かして溶接する
  • ロウ付け
    融点が低い溶加材を加えて、浸透させる。その後冷却し、溶接する

溶接する場合は、資格が必要なこともあります。企業の規定に従うようにしましょう。

スミジョブ全国の寮付き求人が探せる!

まとめ 加工の仕事について

まとめ 加工の仕事について

今回は、加工の仕事内容について紹介しました。加工とは、素材に手を加えて、新しいものを作り上げることです。

【加工ができる職種】

  • 自動車部品の加工
  • 電子部品の加工
  • 食品の加工

【機械加工の仕事内容】

  • 必要な部品の形を作るために機械加工がある
  • 大型機械や自動車などに用いられることが多い
  • 未経験でも入社できるが、資格取得もしていく必要がある

【代表的な機械加工の種類3つ】

  • 切断加工
  • プレス加工
  • 溶接加工

加工には、さまざまな作業があります。それぞれ把握し、入社後にどのような仕事をするのかしっかり確認しましょう。この記事を参考に、自分にあった仕事か判断してくださいね。

住み込みができる仕事をお探しなら、スミジョブを使ってみませんか?住み込み求人の専門サイトだから、あなたにピッタリの仕事が見つかりますよ

  • URLをコピーしました!
京栄くん資料はこちら
目次