【マシンオペレーターとは?】仕事内容や必要な資格について解説

工場のロボット化やオートメーション化が進んでいる今、マシンオペレーターという職種が注目を浴びつつあります。

マシンオペレーターは、工場のロボットや機械を操作したり、適切な管理を行ったりするスペシャリストです。

この記事では、今注目を浴びているマシンオペレーターという仕事について解説していきます。

マシンオペレーターの仕事はコチラ

 

関連記事:工場勤務や期間工で役立つ!おすすめ資格とメリットについて解説

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

目次

マシンオペレーターとは?

マシンオペレーターとは?

マシンオペレーターとは、その名の通り、「機械を操作する人」という意味の言葉ですが、その仕事は単に機械を操作するだけに留まりません。

いかに効率的に、正確に、そして大量に生産できるかどうかを求められる昨今。

マシンオペレーターは、そんな生産の効率化という課題を達成するために生まれた職種であるといえるでしょう。

マシンオペレーターは製品の製造に深く関わっており、製造予定の製品の素材の準備から、部品の補充と管理、製品の加工、さらには製造機械によって生じる、誤差やずれの調整や、完成した製品の品質の管理まで、一手に担う仕事をしています。

工場での生産を効率的に行うために、たくさんの機械が開発され、多くのマシンオペレーターが仕事を行っていますが、その中でも、今回は「マシニングセンタ」という機械を操作するマシンオペレーターの仕事を紹介していきます。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

マシンオペレーターの仕事内容は?

マシンオペレーターの仕事内容は?

先述したように、マシンオペレーターの仕事は機械を操作する仕事ではありますが、ただ機械を操作するだけに留まらず、製品の生産に関わるありとあらゆる業務を担っています。

また昨今ではその業務を行う中で、「マシニングセンタ」という機械があらゆる現場で導入されるようになりました。その「マシニングセンタ」をマシンオペレーターが操作することにより、より正確に、効率よく大量生産を行えるようになりました。

「マシニングセンタ」という機械がどういった機械でどういった性能を持つのかは、後ほど詳しく解説していきますが、マシンオペレーターは、この「マシニングセンタ」を管理、操作することで生産を行うのが仕事となってきます。

そんなマシンオペレーターが、どのようにして「マシニングセンタ」を管理していくのか、その内容を解説していきます。

マシンオペレーターの仕事はコチラ

マシンオペレーターの仕事

先述したようにマシンオペレーターは、「マシニングセンタ」の管理と操作を行うことにより、より効率的に資材を生産できるよう仕事を行っています。

その具体的な仕事内容は以下のようになっています。

  1. 設計された図面を元に、工具の使い方や加工の段取りを考案。
  2. 段取りを考案後、必要な数量や工具、材料や加工方法などをデータ化。その後、データがまとまったら、マシニングセンタにプログラミングする。
  3. プログラミングされた情報を元に、「マシニングセンタ」に部品をセット。材料の加工を行う。
  4. 専用の測定器具を使用し、加工された部品が正確に処理されているかどうか検査。
  5. 最終の検査を実施し、数量や加工品に問題が無ければ加工されたものを梱包する。
  6. 作業終了後、機械の清掃とメンテナンスを行う。

以上がマシンオペレーターの業務内容になります。

マシンオペレーターの業務は、機械の操作だけでなく、加工された材料の品質のチェックから、機械の最終確認まで、全てを行っています。

「マシニングセンタ」の操作に関しては、特別な資格等は必要ありません。しかし、材料の数量や加工方法などを一つでも間違えてしまうと、工場の現場全てが止まってしまう恐れもあるため、非常に重要で責任がある仕事であると言えるでしょう。

マシニングセンタは複数種類の加工を1台でできる機械

工場の製造現場において重要な役目を発揮している「マシニングセンタ」ですが、果たしてどんな機械で、どんな機能を持っているのでしょうか。

その「マシニングセンタ」の機能や、性能について詳しく説明していきます。

マシニングセンタの性能

「マシニングセンタ」はコンピューターで1度に複数の工程を制御できる機械です。

「マシニングセンタ」内部には、いくつかの工具が備わっていて、内部のコンピューターをプログラミングすることにより自動的に必要な工具を交換・使用することができます。

また、コンピューター制御になるので、「1000分の1ミリ」レベルで設定することができ、より精密な加工を行うことができます。

本来であれば工具の交換を必要とする作業においても、「マシニングセンタ」を使うことにより、作業に必要な工具を交換せずに、1台の機械で同時に行えることできる機能を備えています。「マシニングセンタ」を導入したことによって、熟練の作業員を大勢動員して時間をかけて製造しなければならなかったものを、たった一台の機械を操作するだけで、より高品質で、効率よく製造することができるようになりました。

「マシニングセンタ」にはいくつか種類があり、作業の用途によって使い分けることができます。

「マシニングセンタ」の紹介として、3種類を抜粋して、紹介していきます。

三種類のマシニングセンタ

5軸制御マシニングセンタ

複雑なものを加工、製造するときに使うマシニングセンタです。

5つの方向からの加工が同時にできることが特徴で、縦、横、斜めといった直線的な動きをする3つの軸と、回転する2つの軸を持ちます。すべての軸を同時に動かすことで、飛行機の部品や人工関節などの複雑で加工が難しい形の製品を製造することができます。

立形マシニングセンタ

機械の動きがわかりやすいマシニングセンタです。

縦、横など3つの軸を持っていて、複雑な形の加工には不向きですが、立体的な製品を加工する際に使います。金型を使って金属を加工するときに多く使われる「マシニングセンタ」です。

横形マシニングセンタ

機械内の主軸が水平の動きをする「マシニングセンタ」です。

少ない手間で、複数の部品が加工でき、削ったときに出る切りくずを捨てやすいのが特徴の「マシニングセンタ」です。

 

この三つの「マシニングセンタ」が導入されたことにより、行いたい加工ごとに臨機応変に対応することが可能となりました。

1台で複数の工程を可能とする「マシニングセンタ」は製造現場において大事な機械であって、それを操作するマシンオペレーターも現場において重要な存在であることは確かでしょう。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

マシンオペレーターに向いているのはこんな人!

マシンオペレーターに向いているのはこんな人!

ここからは「マシニングセンタ」を操作する、マシンオペレーターはどんな人が向いているのかを説明していきます。

  • 慎重かつ丁寧に物事を進める事が出来る人
  • 機械やマシンの操縦が好きな人
  • マニュアル化された業務が苦にならない人

それぞれを解説します。

マシンオペレーターの仕事はコチラ

慎重かつ丁寧に物事を進める事が出来る人

マシンオペレーターは「マシニングセンタ」に数値などを入力していく業務が多くなります。その際、たった1つの入力ミスがあるだけでも、目標ノルマの生産数が達成できなくなったり、工場の稼働が止まってしまうこともあります。

そのため、マシンオペレーターは製品の設計図や指示書をしっかり読み込んだ上で、その指示通りに製品や部品を作るという、慎重さと丁寧さが求められます。

臆病なくらい、慎重に仕事を進められれば、精密な作業を正確に行うことができるので、慎重派の人のほうが、マシンオペレーターの仕事は向いていると言えるでしょう。

機械やマシンの操縦が好きな人

マシンオペレーターのお仕事は、入力以外の時間は、ほとんど機械を操作する時間となります。

なので、普段から機械いじりや工具でDIYを行っている人、またはモノつくりが好きな人にはマシンオペレーターは打ってつけな仕事と言えるでしょう。

マニュアル化された業務が苦にならない人

マシンオペレーターの仕事において大切になってくるのは、マニュアルに忠実にそった上で仕事を行うということです。

マニュアル通りに、真面目な仕事をすることができる人ほど、マシンオペレーターの仕事は向いていると言えるでしょう。

 

以上の点から、マシンオペレーターは真面目かつ慎重派な人に向いているということがいえるでしょう。

ぜひ、マシンオペレーターを志望している方は、参考にしてみてください。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

マシンオペレーターの仕事に必要な資格について

マシンオペレーターの仕事に必要な資格について

マシンオペレーターは、特殊な免許や資格が無くても、仕事自体は行うことができます。

ただ、業務を行うに当たって、持っていれば便利な資格や、採用面接の際に持っておくと有利になる免許があります。

ここでは、マシンオペレーターの仕事において採用のときに有利になる資格や免許を3つ紹介していきます。

  • フォークリフト運転技能講習修了証
  • 機械加工技能士
  • 建設機械施工技士

それぞれを解説していきます。

マシンオペレーターの仕事はコチラ

フォークリフト運転技能講習修了証

フォークリフト運転技能講習修了証は、主に工場や工事現場で資材の運搬などに運用されるフォークリフトの運転で必要な免許です。

厚生労働省が免許の管轄していて、免許を取得することで最大積載荷重1t以上のフォークリフトを運転することができます。

マシンオペレーターにとっては、一見必要なさそうな免許には思えますが、職場によっては、フォークリフトを運転できること自体が採用にプラスになったりします。

運転できるようなら即戦力として期待される要素にもなりますし、職場によっては技能手当てがつくところもあります。フォークリフト運転技能講習修了証は、持っていて損はない資格といえるでしょう。

関連記事:フォークリフトの種類と特徴、資格や求人について解説!

機械加工技能士

機械加工技能士は国家資格で、技能検定制度の一種でもあります。

合格することで、旋盤やフライス盤などの金属材料を各種工作機械や切削するための工具を使用して、加工する技術があると認められるようになります。

国家資格なので、試験は難しいようですが、もっていると採用において有利になったり、給与面においても優遇されるようになるでしょう。

また実業務においての知識も得ることができるので、お勧めな資格となっています。

建設機械施工技士

建設機械施工技士は、国土交通省が管轄する施工管理系の国家資格の一種です。

試験に合格することで、ブルドーザー等の建設系の重機器を使う現場で、現場監督や主任技術者として業務を行うことができるようになります。

先述した機械加工技能士と同じく、国家資格のひとつです。

この資格を持っていることにより、マシンオペレーターはもちろんのこと、それ以外の仕事においても活躍することができます。

自身の将来的なキャリアアップを考えている方は、ぜひ習得しておきたい資格です。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

まとめ マシンオペレーターについて

まとめ マシンオペレーターについて

今回は、マシンオペレーターについて解説しました。

名前だけ聞くと、難しく感じるマシンオペレーターという仕事ですが、一度も業務に携わったことがない人でも問題なく働くことができる仕事です。

また、昨今の工場のロボット化やオートメーション化推進の動きに伴って、注目されつつある仕事の一つでもあると言えるでしょう。

スミジョブ内にもマシンオペレーターの求人が多数掲載されているので、そちらもぜひ確認してみてください。

マシンオペレーターの仕事はコチラ

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

⭐高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次