社宅で一人暮らしするための初期費用は?社員寮のある住み込み求人を解説!

できるだけ安く一人暮らしをしてみたいけれど、

  • 初期費用が高くて賃貸物件は借りられない
  • 社員寮の初期費用はいくら必要なのだろう?
  • 住み込みができる求人なら安く一人暮らしができるの?

そんな疑問や不安がありませんか?

一人暮らしを始めるためには、多額の初期費用が必要です。賃貸物件を借りるのが一般的ですが、敷金・礼金などのまとまったお金も必要ですし、賃貸契約するのためには保証人も必要です。お金や保証人の問題で、賃貸物件を借りることが難しいこともあります。

しかし、住み込みで働ける仕事であれば、初期費用を抑えつつ一人暮らしを始められます。社宅や社員寮なら、最初に多額のお金を工面しなくても大丈夫。しかも、家賃も節約できるから、貯金だってたくさんできるのです。

今回は、住み込みの仕事で一人暮らしをする場合の初期費用について解説します。

住み込みの仕事を探すなら、『スミジョブ』

【寮・社宅で求人検索】

寮費0円|ワンルーム寮完備|カップル寮・家族寮ペット寮|即入寮OK|初期費用無料完全個室寮|初期費用0円|赴任交通費支給|

【人気条件で求人検索】
未経験OK|高収入|即入寮|日払い|ボーナスあり|車・バイク通勤OK|大手企業で働く|本日面接OK|ブランクOK|高収入・高額|女性活躍中の職場|即採用・即赴任・即入寮|友達と応募OK|

目次

住み込みで一人暮らしをするとお得がいっぱい!

住み込みで一人暮らしをするとお得がいっぱい!

期間工などとしての住み込み仕事をはじめる場合、実は初期費用がほとんどかからず、生活費も最小限にできます。

住み込みで一人暮らしをするとお得がいっぱいなのです。

  • 住み込みなら初期費用や交通費も抑えられる
  • 住み込みなら交通費・食費・光熱費も節約できる
  • 住み込みなら物件探しの手間がない

それぞれの観点から住み込みの仕事がおすすめできるポイントを紹介します。

住み込みなら初期費用や交通費も抑えられる

住み込みなら初期費用や交通費も抑えられる

社宅や寮がある住み込みの仕事は、初期費用が抑えられます。

社宅や寮への引越で必要な費用は、引っ越し作業の費用と家具類の費用がほとんどです。中には家具が揃っている社宅や寮もありますので、引っ越し作業の費用だけで一人暮らしができることも。

さらには、引っ越し作業の費用や引っ越しに必要な交通費が補助される場合もあります。

たとえば上京して一般的な賃貸物件を借りる場合は、敷金・礼金や家具代、引っ越し代でトータル約50~60万の費用が目安とされています。

住み込みの職場は、この中の敷金・礼金などの家賃にかかる部分が大幅にカットされるので、20万円以下で一人暮らしが可能です。

一人暮らしはしたいけど、初期費用はなるべくおさえたいという人は住み込みの仕事を探してみるのがおすすめです。

『スミジョブ』なら、いろいろな住み込みの仕事を探せます!

住み込みなら交通費・食費・光熱費も節約できる

住み込みなら交通費・食費・光熱費も節約できる

いざ一人暮らしがはじまると羽を伸ばして自由に過ごす人も多いです。しかし一人暮らしで大切なのは交通費・食費・光熱費などの生活予算を立てて、それに沿って行動することです。

実は住み込みの場合はこれらの支出を抑えて生活できます。住み込みの場合は職場と自宅が近距離のことがほとんどだから、交通費が抑えられます。

また食堂を備えている住み込み先もあり、外食や自炊をしなくても健康的な食事を毎日食べられることも。食費に関しては自己負担がほとんどですが、外食より安価で提供されるので、食費も抑えられます。

光熱費に関しても一部または全額を会社負担といった場合もあり、賃貸の場合と比べると低支出で済むことが多いです。

住み込みの仕事であれば、初期費用だけでなく生活コストも最小限にし、お金が貯まりやすいですよ。

『スミジョブ』なら、いろいろな住み込みの仕事を探せます!

住み込みなら物件探しの手間がない

住み込みなら物件探しの手間がない

住み込みの場合は、自分で物件を探す手間が省けるのも嬉しいポイントです。

賃貸物件で一人暮らしをしたい場合は、自分で物件を探す必要があります。たとえば上京して一人暮らしの物件探しを考えると、現在住んでいる場所から東京まで足を運んで、不動産会社を回り、物件の良し悪しや家賃を比較検討しなければいけません。時間と移動費を取られる上、迷えば迷うほど精神的に疲れます。

しかし、住み込みの仕事であれば会社がすでに住む場所を確保してくれているので、スピーディに物件が決まります。

時間や手間を省くことができるのは、とても大きなメリットといえます。

住み込みの仕事であれば、物件探しや比較検討、不動産会社とのやりとりなど、煩わしい準備をすべてカットできるので、とても楽に一人暮らしを始めることができます。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

高収入な求人情報はコチラ

💰日払いOKの求人情報はコチラ

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

 

まとめ 一人暮らしをするなら初期費用の安い住み込み求人がおすすめ

まとめ 一人暮らしをするなら初期費用の安い住み込み求人がおすすめ

今回は一人暮らしをするための住み込みの仕事でかかる初期費用などについて解説しました。

ポイントは以下です。

  • 一般的に上京して一人暮らしをする場合の初期費用は50~60万が相場
  • 住み込みの仕事の場合は初期費用を20万円以下に抑えられる
  • 社宅や寮によっては家具付きだったり、会社によっては引っ越し代や移動費の補助も
  • 通勤が便利、食堂完備、光熱費補助などで生活コストが抑えられるケースも
  • 住み込みの仕事なら、自分で物件を探さなくてよいので楽!

住み込みの仕事の初期費用や生活コストが安く、一人暮らしのハードルが低くなります。住みたいエリアや会社によって初期費用は変わりますので、事前リサーチはしっかりおきましょう。

住み込みの仕事でお得に一人暮らしを始めて、日々の生活費も抑えられれば、たくさん貯金をすることができますよ!

社宅や寮がある会社を探したいなら、「スミジョブ」を使ってみませんか?

住み込みの求人のみを専門的に扱っているので、効率よく探せますよ。↓

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

高収入な求人情報はコチラ

💰日払いOKの求人情報はコチラ

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

 

以上、社員寮の初期費用はいくら!?住み込み求人の社宅で一人暮らしするための経費を解説!でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

木戸涼介のアバター 木戸涼介 住み込み求人専門家

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

目次