社員寮はやめとけ?会社の寮に入るメリットとデメリットを紹介!

社員寮を完備している会社が多くあります。会社の寮は、住む場所を会社が用意してくれるので、生活コストを節約できる魅力的な制度です。

しかし、社員寮のある求人を見かけても、以下のような疑問があり応募に踏み切れない方もいると思います。

  • 社員寮ではどんな生活をするのか?
  • 住む部屋を決められるのか?
  • 会社の寮を出ることはできるのか?

不安が解消できなければ、応募に踏み切れないですよね。

今回は、社員寮とはどんな部屋なのか、住むメリット・デメリットについて解説します。

この記事を読めば、社員寮のことがよく分かり、自分に合っているか判断することも可能です。寮付きの求人が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

こちらの記事もチェック!

会社の寮は快適なの?社員寮に入る3つのメリットとデメリットを紹介!

目次

社員寮とは?

社員寮とは?

社員寮とは、会社が自社の社員のために生活する住まいを提供してくれる制度です。

社員寮の種類には主に以下の3つがあります。

  • 独身寮
  • 単身赴任寮
  • 家族寮

独身寮・単身赴任寮は、基本的には1人暮らしをすることを前提に提供されています。家族寮は、従業員とその家族が住むことを目的として作られています。

寮の設備や備品は会社によって違うので注意しましょう。バス・トイレ・水道・洗濯機が共同のところや逆にすべて個別に設置されている寮もあります。

社員寮の家賃(寮費)は無料〜3万円程度が相場です。建物や周囲の環境を確認してから入居することが大切です。

関連記事:単身寮と独身寮の違いとは?独身者は単身寮に入れない?!その理由も解説!

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

社員寮に入る3つのメリット

社員寮に入る3つのメリット

ここからは会社の寮に入るメリットを3つ解説します。

  • 家賃や光熱費の負担が少ない
  • 会社の近くに住める
  • 社員同士の交流が盛ん

それぞれについて解説します。

1.家賃や光熱費の負担が少ない

社員寮に入る1つ目のメリットは、家賃や光熱費の負担が少ないことです。

社員寮は、基本的に会社が数割〜全額負担しています。福利厚生として建てられているため、このように安く住めるのです。

中には、水道代・光熱費を負担してくれる企業もあります。こうした費用は生活に欠かせないコストのため、会社が負担してくれれば生活がとても楽になります。

浮いた生活費は、貯金や趣味に投資できるため、仕事へのモチベーションも上がります。

2.会社の近くに住める

社員寮の2つ目のメリットは、会社の近くに住めることです。社員寮は会社の近くに建てられていることも多いため、通勤時間が節約できて、プライベートの時間が取りやすい環境といえます。

例えば、往復で2時間を通勤に使っている人と、往復で徒歩10分で通勤している人では、1日110分もプライベートに使える時間に差があります。

110分もあれば、気分転換もできますし、身体を休めたり、趣味の時間に使ったりできますので、精神的にも安定して働けるでしょう。

さらに、自分でアパートを借りる場合、家賃が安くなおかつ会社に近い物件を探すのはとても苦労します。会社の寮の場合には、物件探しをする必要が無いことも大きなメリットです。

3.社員同士の交流が盛ん

社員寮の3つ目のメリットは、社員同士の交流が盛んなことです。社員寮は、1人ひとりに個室が与えられることが多いですが、同じ敷地内で他の従業員も暮らしていることも多いです。

社員寮に住んでいる他の従業員も地元を離れて引っ越してきた人が多いため、交流しやすい環境が整っています。初めてひとり暮らしをする女性にとっても、会社の同僚が近くに暮らしている環境は心強いといえます。

また、その寮に食堂が入っていたら、一緒に食卓を囲みます。ご飯を食べながら交流することで、自然と打ち解けやすくなるでしょう。

社員寮で社員同士の交流を深めることができれば、仕事でチームワークを発揮しやすくなり、楽しく働けます。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

社員寮のデメリット|プライベートが確保しにくいことも

社員寮のデメリット|プライベートが確保しにくいことも

社員寮に入るデメリットも存在します。

社員寮の一番大きなデメリットは、プライベートな時間が確保しにくいことです。

社員が住むために用意された寮なので、周りには一緒に働いている従業員がいることが多いです。

そのため、顔を合わせたときにも仕事の話になりやすく、完全なプライベート時間を過ごすことは難しいかもしれません。

また、休日でも上司や先輩に会ってしまうこともよくあります。その際に、飲み会や買い物などに誘われて、休日をのんびり過ごすことができない場合もあるかもしれません。

プライベートな時間を大切にする方にとっては、ストレスを感じてしまうかもしれません。他の社員との距離が近いことに抵抗感が強い場合は、自分でアパートを探してみる方が良いでしょう。

社員寮はいつでも退寮ができるものなので、家賃や生活費を節約するためにも、まずは上手に利用することを考えてみると良いでしょう。

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

まとめ 社員寮のメリット・デメリットについて

まとめ 社員寮のメリット・デメリットについて

今回は、社員寮について紹介しました。社員寮は、社員が生活する場所を提供してくれる制度です。以下で記事のまとめをしていきましょう。

【会社の寮の種類】

  • 独身寮
  • 単身赴任寮
  • 家族寮

 

【会社の寮に入るメリット】

  • 家賃や光熱費の負担が少ない
  • 会社の近くに住める
  • 社員同士の交流が盛ん

 

【会社の寮に入るデメリット】

  • プライベートが確保しにくい
  • 休日に上司や先輩と会ってしまい、飲み会に誘われることもある
  • どうしてもプライベートを優先したい場合には自分でアパートを借りる

 

【会社の寮に入るのがおすすめな人】

  • 仲間をたくさん作りたい人
  • 人間関係のストレスを感じにくい人
  • できるだけ生活費を安くしたい人

会社の寮に入ることを検討する場合は、どんなところに住めるのか、家賃や光熱費はどのくらい負担するのかよく確認してから判断してくださいね。

 

住み込みの求人を探すなら、『スミジョブ』がおすすめです。

住み込み専門の求人サイトだから、あなたにピッタリの仕事が見つかりますよ!

 

スミジョブ』なら、全国の寮付き求人が探せる!

🆓寮費無料の求人情報はコチラ

高収入な求人情報はコチラ

🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

木戸涼介のアバター 木戸涼介 住み込み求人専門家

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

目次