借り上げ社宅の意味とは?借り上げ社宅に住むメリット3つとデメリットについて解説!

借り上げ社宅のある求人を見て、気になって検索した方も多いと思います。しかし、インターネットで調べても情報が多すぎて、結局どんな制度なのか分からないと諦めてしまった方もいるでしょう。

他にも以下のような疑問を抱いた方もいるのではないでしょうか?

  • 借り上げ社宅の家賃は0円なのか?
  • 借り上げ社宅の内見は必要なのか?
  • 敷金・礼金はかかるのか?

この記事では、借り上げ社宅の意味を解説します。借り上げ社宅について知っていれば、どんな新生活をするのかイメージがつかみやすくなります。

また、借り上げ社宅のメリットとデメリットを紹介するので、社宅に住もうか迷っている方は、是非参考にしてみてください。この記事を読んで、社宅についての不安を払拭していきましょう。

 

こちらの記事もチェック!

出稼ぎとはどんな意味がある?出稼ぎに行くときのポイントを解説!

単身寮と独身寮の違いとは?独身者は単身寮に入れない?!その理由も解説!

目次

借り上げ社宅の意味

借り上げ社宅の意味

 

借り上げ社宅とは、企業が不動産や業者から一括で部屋を借りて、社員に貸し出すことを意味します。福利厚生制度として、認知度が高まってきています。

遠方に住んでいる優秀な人材を採用したい企業や、転勤が多い会社に導入されていることが多いでしょう。

借り上げ住宅は、家賃は基本的に従業員も支払います。しかし、全額払うわけではなく企業が負担してくれるため、普通にアパートを借りて住むよりも安く費用を抑えられます。

借り上げ社宅は、内見できるため、事前にチェックしておきましょう。間取り図だけでは分からないことも多く、『住んでみてら思っていたのと違った』とならないために内見は重要なステップです。

借り上げ社宅に住む3つのメリット

借り上げ社宅に住む3つのメリット

ここからは、借り上げ社宅に住むメリットを3つ紹介します。

  • 賃貸契約の手間がはぶける
  • 生活コストを下げられる
  • 節税効果が高い

それぞれについて解説します。

1.賃貸契約の手間がはぶける

借り上げ社宅に住むメリット1つ目は、賃貸契約の手間がはぶけることです。

借り上げ社宅は、企業と不動産が契約を結びます。そのため、入居する本人は、不動産とのやり取りは必要ありません。

また、物件も決まっているので、内見の手間もかかりにくいでしょう。

通常の引っ越しは、2ヶ月前から準備するほど、時間と労力をとられます。一方、借り上げ社宅は、必要な荷物を持って、決められた日に入居すればいいだけなので、かなり負担が少なくなるでしょう。

2.生活コストを下げられる

借り上げ社宅に住むメリット2つ目は、生活コストを下げられることです。

借り上げ社宅は、家賃を会社が補助してくれます。そのため、比較的安い家賃で暮らせるため、その分を貯蓄に回すことが可能です。

また、敷金や礼金、賃貸契約の更新料も発生しません。それらのお金は、全て企業側が負担する仕組みです。個人で契約するよりも負担する金額がかなり安く済むため、大きなメリットになるでしょう。

3.節税効果が高い

借り上げ社宅に住むメリット3つ目は、節税効果が高いことが挙げられます。

このメリットは、従業員側にも企業側にも大きなメリットです。まず、従業員側ですが給与から家賃が引かれれば、所得税の節税に。なぜならば、所得額が減るためです。

生活コストを下げられる上に、節税もできるため、金銭的負担がかなり少なくなるでしょう。

企業側は、住宅手当がなくなるので、その分節税ができます。借り上げ社宅に切り替えると、住宅手当は支払う必要がありません。すると、給与額が減るため、支給額が減り結果的に節税ができます。

借り上げ社宅は、従業員側・企業側どちらにとっても大きなメリットです。

デメリットは退職したら退去しなければいけないこと

デメリットは退職したら退去しなければいけないこと

借り上げ社宅は、基本的に退職したら退去しなければいけないデメリットがあります。なぜならば、企業が不動産と契約して借りている住居のためです。

そのため、従業員ではなくなった場合、速やかに退去することが求められます。

退職する場合には、住居の確保など事前に準備しておきましょう。

しかし、契約内容によっては、会社名義で借りている物件を個人名義にして住み続けられる可能性もあります。その場合は、事前に企業側との話し合いや手続きが必要です。

急に名義変更をすることはできないため、退職時期に合わせて計画的に進めていきましょう。

まとめ 借り上げ社宅について

まとめ 借り上げ社宅について

今回は、借り上げ社宅について解説しました。

【借り上げ社宅の意味】

  • 企業が不動産や業者から一括で部屋を借りて、社員に貸し出すこと
  • 福利厚生制度として認知度が高まっている
  • 借り上げ社宅は、内見できるため事前にチェックする

 

【社宅に住むメリット3つ】

  • 手続きをする手間がはぶける
  • 生活コストを下げられる
  • 節税効果が高い

 

【社宅に住むデメリット】

  • 基本的に退職したら退去しなければいけない
  • 理由は、企業が不動産と契約して借りている住居のため
  • 契約内容によっては、会社名義で借りている物件を個人名義にして住み続けられる

 

基本的には社宅に住むメリットは大きいです。借り上げ社宅が利用できるなら、節約を頑張って貯金を増やしていきましょう!

社宅や寮がある会社を探したいなら、「スミジョブ」を使ってみませんか?

住み込みの求人のみを専門的に扱っているので、効率よく探せますよ。↓
https://sumijob.com/

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

木戸涼介のアバター 木戸涼介 住み込み求人専門家

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

目次