出稼ぎとは?出稼ぎの意味や仕事内容、寮付き求人の探し方をわかりやすく解説!

出稼ぎとは、どんな意味なのでしょうか?どんな働き方をするのか疑問に感じる方もいると思います。

  • 出稼ぎとはどんな働き方なの?
  • 出稼ぎに行く人はどんな事情があるの?
  • 出稼ぎと上京、単身赴任の違いは?

上記のような疑問に答えながら、出稼ぎという言葉の由来についても紹介します。

工場・製造業の仕事で出稼ぎする場合の3つの注意点についても解説します。出稼ぎで仕事をしたい方は、事前にチェックしておきましょう。

この記事を読めば、出稼ぎのことがよくわかりますよ。

 

<<出稼ぎの関連記事もチェック!>>

【出稼ぎしたい方向け】応募したいおすすめ企業3つと仕事の選び方について紹介!

出稼ぎができる住み込み求人を探すなら『スミジョブ』をご利用ください!

目次

出稼ぎとは?

出稼ぎとは?

出稼ぎとは、賃金が低くかったり、仕事が少なかったりする地元から離れ、給与が高く仕事がたくさんある地域にお金を稼ぎに行くことを言います。

ちなみに辞書では、以下のように解説されています。

ある期間、家を離れ、よその土地や国に行って働くこと。また、その人。「農閑期に出稼ぎする」「出稼ぎの外国人労働者」(引用:出稼ぎ|goo辞書)

現代の出稼ぎの例としては、期間工です。生まれ育った地元を離れ、たくさん稼げるところに限定的に働きに行くことを出稼ぎと言います。

また、出稼ぎは上京と単身赴任とは意味が違います。

  • 上京:地方で暮らす人が都に行くこと。特に東京へ行くこと。
  • 単身赴任:所帯持ちが、家族を置いて一人で任地におもむくこと。
    (引用:goo辞書)


それぞれの意味とその違いを知って、正しく使い分けられるようにしましょう。

出稼ぎの由来

出稼ぎの由来

出稼ぎは、かつて農村や山村で行われていた石炭事業の労働者不足を補うために周辺の人々が働きに来ていたことからできた言葉です。

また、寒冷地の農村では冬になると稼ぎがなくなってしまうことから、仕事のある都会に行くようになりました。都会の労働者不足を補う役割も果たしていたのが出稼ぎです。

出稼ぎは一時的には稼ぐことができる半面、地元に残された家族の負担や家族と離れて暮らす本人にも負担が大きいものでした。

そのため、出稼ぎに行ったまま、家族を呼び寄せて定住するケースも多くありました。賃金が低く、仕事量も不安定な地方に住むよりも、そのまま都会に住んだ方が生活が安定するからです。

新潟県出身の田中角栄氏が首相になった際に「出稼ぎをしなくても雪国で暮らせるようにしよう」と日本列島改造論を唱え、全国で公共事業が増えました。公共事業のおかげで地元にも仕事ができるようになったのです。その結果、出稼労働者は、1972年度の54万9千人をピークに次第に減少しています。

以前のように出稼ぎをする人は減ってきていますが、より高い給料や安定した仕事を求めて住み込みで働く人も多くいます。住居費を抑えて、貯金をしたい方は住み込みの求人を探してみてはいかがでしょうか?

 

『スミジョブ』なら、いろいろな住み込みの仕事を探せます!

出稼ぎの期間はどれくらい?

一般的な出稼ぎの期間はどれくらいなのでしょうか?

北海道の名寄市が公開している出稼労働者の定義によると下記のとおりとなっています。

 出稼労動者とは、1カ月以上1年未満居住地を離れて他に雇用されて就労する者で、その就労期間終了後は、居住地に帰る者をいう。

※居住地を離れるとは、自宅以外の場所で寝泊まりすることをいい、就労先の遠近を問わない。

北海道名寄市出稼ぎ手帳の交付より引用

このように、出稼ぎは都会や仕事がある地域に一時的に働きに行くものでした。一定期間、あるいは一定の金額を稼げば、地元へと戻っていきました。

現在は1年以上、居住地を離れている場合でも出稼ぎと呼ぶことが多く、期間についてはあまり定義されていないことが多いです。

工場・製造業に出稼ぎに行くときに注意したい3つのポイント

工場・製造業に出稼ぎに行くときに注意したい3つのポイント

ここからは、工場・製造業に出稼ぎに行くときに気をつけたいポイント3つを紹介します。

  • 給与が増えても節約する
  • スキルを身につけるために自己学習をする
  • 正社員雇用を目指すつもりで頑張る

それぞれについて解説します。

給与が増えても節約する

給与が増えても節約する

出稼ぎで給与が増えたとしても、支出を増やさずに節約することを心がけてください。出稼ぎの目的は、「お金を貯めること」もしくは「仕送りをすること」です。

稼いだお金を使ってしまっては意味がありません。

特に物価が高い地域に住む場合は、生活費もそれなりの出費になります。月々貯めるお金を決めておき、出費を抑えるようにやりくりしていきましょう。

また、出稼ぎ先の街は栄えていることが多いです。贅沢な外食やブランドもの、遊戯施設など、誘惑も多いものです。『収入は増えたけど、それ以上に出費が増えた』ということにならないように注意しましょう。

スキルを身につけるために自己学習をする

スキルが身につけるために自己学習をする

工場・製造業で働く場合、単純作業や肉体労働が多く、稼ぐために必要なスキルが身につきにくい傾向にあります。

稼ぐために必要なスキルとは、例えば以下のようなものです。

  • コミュニケーションスキル
  • プログラミングスキル
  • マーケティングスキル

のようなスキルのことです。

工場・製造業は決められたことを、同じペースでおこなう単純作業がメインです。そのため、上記のようなスキルは身につきにくい傾向にあります。

職種によっては機械の整備技術が身につきますが、その職場から転職すると機械や整備方法が変わってしまい通用しない場合も多いです。

新しいスキルを身につけて、自分の市場価値を高めれば、より収入の高い仕事に就くことができます。読書をしたり、資格の勉強をしたりして、自己学習に取り組みましょう。

正社員雇用を目指すつもりで頑張る

正社員雇用を目指すつもりで頑張る

安定した仕事に就きたいと考えるならば、正社員雇用を目指すつもりで仕事を頑張りましょう。

工場・製造業で出稼ぎとして働く場合、採用形態は「契約社員」で働く期間は最長で35ヵ月までと決まっています。36ヵ月以上の採用をする場合は、正社員として雇わなければいけない決まりがあるため、その前に契約が終わることが多いのです。

また、1度契約が終了した場合、契約社員として再び雇用してもらうためには、契約期間に応じて1ヶ月から半年のクーリング期間が必要です。契約社員のまま、同じ職場でずっと働くことはできないのです。

長く安定した雇用を考えるならば、正社員雇用を積極的におこなっている企業で仕事を頑張りましょう。採用試験に合格すれば、そのまま正社員になれる場合があります。

ただし、正社員になるには上司の推薦が必要なため、

  • 遅刻・欠席をしない
  • 丁寧に仕事をする
  • 指摘は素直に受け止める

以上のようなことを心がけて、上司から正社員へ推薦してもらえるようにしましょう。

 

出稼ぎには寮や社宅に住み込みで働けるというメリットがあります。出稼ぎ求人が気になる方は「寮付きの出稼ぎ求人特集」からお気に入りのお仕事を見つけてみてください!

 

まとめ 出稼ぎとは?出稼ぎの意味や仕事内容、寮付き求人の探し方をわかりやすく解説!

まとめ 出稼ぎとは?出稼ぎの意味や仕事内容、寮付き求人の探し方をわかりやすく解説!

今回は、出稼ぎの意味や出稼ぎをする場合の注意点について解説しました。

出稼ぎとは、ある期間、家を離れ、よその土地や国に行って働くことです。

 

【出稼ぎと間違えやすい単語の意味】

  • 上京:地方で暮らす人が都に行くこと
  • 単身赴任:所帯持ちが、家族を置いて一人で任地におもむくこと。

上京や単身赴任は、出稼ぎとは違う意味のため、使い方に注意しましょう。


【工場・製造業に出稼ぎに行くときに注意したい3つのポイント】

  • 給与が増えても節約する
  • スキルを身につけるために自己学習をする
  • 正社員雇用を目指すつもりで頑張る


出稼ぎをする際には、上記のようなポイントに注意しながら働くようにしましょう。

 

社宅や寮がある会社を探したいなら、「スミジョブ」を使ってみませんか?

住み込みの求人のみを専門的に扱っているので、効率よく探せますよ。↓
https://sumijob.com/

以上、出稼ぎとは?出稼ぎの意味や仕事内容、寮付き求人の探し方について解説!でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

木戸涼介のアバター 木戸涼介 住み込み求人専門家

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

目次