旅館バイトとは?仕事内容や体験談、住み込みで働くメリットなどを解説!

今回は、「旅館バイト」について皆さんにご紹介していこうと思います。
ただ、一口に旅館バイトといっても、その仕事内容はよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、そんな旅館バイトに関して、より詳しく解説していこうと思います。
またその仕事内容を解説しつつ、「旅館バイト」で働く上でのメリットやデメリットを踏まえ、実際に働いた方のリアルな感想もピックアップして解説していきますので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

目次

旅館バイトの仕事内容

 

まず最初にですが、「旅館バイト」の仕事内容に関して解説していこうと思います。
「旅館バイト」といっても、その仕事内容は多岐に渡ります。まずはその仕事内容について詳しく掘り下げていきたいと思います。
旅館の一番の仕事の役割として、「来て頂いたお客様に、身も心も休んで頂くこと」が何よりも重点目標として挙げられます。
よって、よりお客様に満足して頂けるように、仕事としての役割が細かく分類されています。
それを大まかに分類しますと、「仲居・客室係」、「受付・案内係」、「旅館全体の裏方」、「調理・レストランサービス係」、「売店・販売係」等の役割が挙げられます。

そもそも、旅館やホテルといった宿泊施設でのお仕事は、仕事を行う部署がいくつかに分かれています。
その業務の部門は、大雑把に分けるとおおよそ「宿泊をサポートする」部門と「食事を給仕する」二つに分かれています。
その二つをさらに細かく分けると、主に「宿泊」、「料飲」、「宴会」の部門に分けられます。
そのそれぞれの部門について、細かく説明していきます
フロントや客室で働く「宿泊」の部門。そして旅館内にあるレストランや食事をする場所で「宴会」「料飲」などのお客様の食事を提供する部門、この3つの部門が、実際に「旅館バイト」で働くにあたって、実際に配属される部署になります。

宿泊部門では、フロントで宿泊者の会計や案内、宿泊する際の予約などの宿泊のための各種手続きを行います。
実際に旅館本来の機能を統括、管理している部署になっているため、旅館経営においての大事な柱となっています。
また、お客様からの要望があれば、朝に目覚ましの代わりとして行う「モーニングコール」の仕事も存在します。
また、「宿泊」の部門では客室の管理を行う客室係の仕事もあります。
客室係はお客様が泊まった後の客室の清掃や、客室内の備品の補充等の客室内のメンテナンスを行い、次に利用するお客様が気持ちよく利用できるよう、チェックインするまでに客室を整理整頓していきます。
お客様との接客の機会は、旅館の別の仕事と比べると若干少ないですが、快適に利用客が過ごすために不可欠で重要な「裏方」の仕事になります。

食事部門に関してですが、調理や盛り付けを行う仕事はもちろんのこと、宿泊するお客様をレストランの入り口で席まで案内する仕事や、料理の提供やオーダーテイクを行う仕事などもあります。
この「料飲部門」とはまた別に、「宴会部門」という部門もあります。
宴会部門では、事前にお客様から注文を受けた宴会内容に則して、会場設営や当日のサービス全般を行う宴会サービスなどを提供、サポートする仕事になります。
このどの部門であっても、旅館に泊まりにきたお客様と接するので、重要な仕事といえるでしょう。
ここまで旅館の仕事について、大雑把に説明してきましたが、仕事内容と特徴についてより細かくまとめてみましたので、ぜひ下記内容も見てみてください。

・受付・案内係
お客様のチェックイン、チェックアウトを始めとして、チェックアウト時のお会計や、もしもの時のトラブルシューティング、そして旅館の予約対応や忘れ物等の電話対応がメインのお仕事です。
また朝に目覚ましとしてかける「モーニングコール」の仕事も請け負うこともあります。
この仕事は、お客様に対する接客のマナーがとても重要視される仕事なので、コミュニケーション能力が身につくでしょう。また、後述の仲居係が兼任している場合もあります。

・仲居・客室係
宿泊されるお客様の担当となり、お客様の要望の実現に努めたり、宿泊する際のサポートをする仕事です。
お客様の担当となって、お客様がいかに気持ちよく泊まってもらえるかを常に考えながら仕事をしなければならないため、受付・案内係と同じか、それ以上のレベルの丁寧かつ高度な礼儀作法やマナーを習得する必要があります。

・調理・レストランサービス係
レストランでの接客サービスを行います。
フロントと同じく、高いレベルでの接客が求められます。
また、調理や盛り付けの仕事だけではなく、お客様の席まで、お皿や飲み物を運ぶ配膳の仕事などもありますので、かなりの肉体労働になることもあります。
旅館の仕事の中では1番忙しい仕事だと言われています。

・清掃
お客様が利用した後の部屋を清掃したり、お客様が起きた後の布団を整えたり、客室の準備をする仕事です。
お客様とは直接的な関わりはないものの、丁寧かつ正確な作業が求められる仕事です。
また短時間で多くの部屋を掃除しないといけない場合もあるため、作業のスピードなども求められることがあります。

・宴会準備
お客様から宴会の注文を受けた際、宴会場のセッティングや準備などを行う仕事です。
それ以外にも、宴会中は給仕を行うこともあるため、ハードな仕事になる場合もあるようです。

・売店販売係
旅館内にある売店で、お土産や飲み物などの販売、管理を行う仕事です。
チェックアウト時やそれ以外の時間であっても、非常に場所が混み合う場合があるので、より丁寧に接客しつつ、スピーデイーにお客様を捌く能力も必要となってきます。

以上、旅館の仕事について紹介していきました。
旅館の仕事といっても多種多様な仕事が存在することがわかってもらえたかと思います。
旅館の仕事をしたいと思っている方は自分がやりたい仕事と、特性をよく考えた上で仕事の希望を出すようにしたほうがいいかもしれませんね。

身につくスキルや資格

旅館の仕事を行うにあたって、必須の資格はほとんどありません。
また、各旅館毎に研修制度や、従業員に対してのサポートが充実しているため、初心者や未経験でも始めやすい仕事といえるでしょう。
そんな初心者や未経験者でも、気軽に入ることができる旅館の仕事ですが、時として業務以外の予想外の出来事がたびたび発生することがあります。
また、旅館での仕事の際は、より丁寧な接客対応や行動の所作が求められることもあります。
そんな時に求められてくるのはその場で対応することができる対応力と、臨機応変に対処できる適応力。
さらに、お客様やチームメンバーと、そういった要望やトラブルに対して円滑に解決できるようにするコミュニケーション能力が必要となってきます。
また、外国人や海外のお客様と接する機会も多くなるため、英語などの外国語の能力も時として必要とする場合もあります。
日常業務として、海外のお客様と接する機会が増えれば、自然と語学力も身につけることができるでしょう。

旅館で仕事を行っていくにあたって、備えなければならないスキルはいくつかありますが、仕事を行っていくにつれて、自然と備わっていくことでしょう。
また、旅館の仕事の一つである調理や配膳に関しても、将来的に料理の仕事にしたいとおもっている方には特におすすめできる仕事になっています。
旅館で出される料理などは、よりスピーディーかつ丁寧に、そして綺麗に盛り付けや料理することを求められます。
また、料理自体の見た目も華やかで、旅館によっては日本伝統の料理を出していたり、一流のシェフが調理を行っていたりする場合があります。
将来的に飲食の仕事をしたいと思っている方にとっては、一流シェフの元で調理の勉強をできるのは大きなメリットの一つとなるでしょう。

「旅館バイト」は、初めこそ必要なスキルや資格は必要ありませんが、仕事をする上で、身につくスキルがたくさんあります。
働きながら学ぶことができる、とても稀有な仕事ではないでしょうか。

働く環境

旅館で働くに当たって、働く環境はどうなのか、気になる点ではあるでしょう。
実際の職場環境に関しては、実際に働く職場で変わる場合があるのですが、今回はオーソドックスなパターンを紹介していきます。

・服装について
旅館スタッフは、お客様から見て、直ぐにスタッフと分かるよう、旅館が指定した制服で働くことが多いです。
着用する制服は担当する業務によって異なりますが、大抵の旅館では和のイメージをコンセプトにして経営していることがほとんどなので、フロント係のスタッフや、仲居、客室係のスタッフは和服を着用する場合もあります。
調理や配膳スタッフ、さらには清掃スタッフに関しては、場所によって服装も様々ではありますが、共通して言えるのが、動きやすく尚且つ清潔感のある服を着るということが求められています。

・休日や勤務時間について
休日に関してですが、旅行客で混み合う土日や祝日は原則出勤となります。しかし、場所によっては事前に申告すれば休める場合があるので、職場に問い合わせてみるといいでしょう。
ただ、「旅館バイト」の仕事では、シフト自体を固定されているところがほとんどですので、休みに関して融通が取り辛いところも多くあります。
また、「旅館バイト」に関しては、期間限定で募集をかける場所もあるようです。
そういった場合、立地的にも中心地などか離れている旅館がほとんどなので、短期間の住み込みで働く場合があります。
すると定期で休みをとるということは難しいかもしれません。
なお、旅館では常時、お客様が宿泊しています。
そのため、もしもの時にスタッフがすぐに対応できるよう、勤務時間は24時間の業務を交代制で行うことになります。
深夜や早朝のシフトに入る必要があることもあるので、施設内での詰所で、仮眠をとりながらの業務になることも多いです。

メリット

「旅館バイト」で働くにあたって、沢山のメリットが存在するとともに、デメリットや大変な部分も多く存在します。
ここではそのメリットとともに、デメリットに関しても順番に、いくつかご紹介していきます。

・質の高い接客スキルや、貴重な体験をすることができる。
「旅館バイト」では、仕事内容が大変なこともある分、多くのスキルや経験を積むことができます。
周辺の観光地のおすすめを聞かれたり、忘れ物に関するトラブルを対処したりすることが多く、その場に応じた対処をする力が身に付きます。
また、電話応対やお客様に対する接客なども日常的な業務ですので、敬語の習得などは欠かせません。意識しなくとも丁寧な言葉遣いが自然と出てくるようになります。
旅館では、国籍や老若男女問わず、様々なお客様が泊まり来られます。
日本人の家族連れやカップルだけでなく、時には日本に仕事や観光で来られた外国人の方を応対することがあります。
そのため、一般的なコミュニケーションの仕方だけでなく、簡単な英会話力や語学力も身に付きます。

お客様は体も心も休めるよう、旅館に泊まりに来られる方が多く来られます。
なので、求められる接客も、より質の高いものを求められるようになるため、多くの旅館では丁寧に研修が行われます。
他のバイトでは身につかない質の高いマナーを身に着けることができるようになります。

それだけでなく、お客様にこの旅館にまた来たいと思ってもらえるような真心込めたサービスが求められるので、質の高い接客の基本を学ぶことができます。「旅館バイト」で磨いた接客スキルは、通常の接客業で身につけることがなかなか難しいような、丁寧かつ質の高い接客力を身につけることができるので、日常生活における人とのかかわり合いで活きるものだけでなく、さまざまなお仕事でも役に立つことでしょう。

・旅館にある温泉が入り放題になる場合がある。
人里離れた旅館では、そこに設置してある温泉を売りにしているところが多々あります。
スタッフとしてそこで働くとその温泉に無料で入り放題できるところもあるようです。

・リゾート気分を味わえる。
旅館によっては、都心から離れた場所にある旅館も多くあります。
なのでそういった大自然に囲まれた場所で働くことができます。
場所によっては、おいしい賄いを提供してくれるところもあるようなので、リゾートや観光地が好きな人にとっては、うれしい特典であるといえるでしょう。

・綺麗な和服を着ることができる。
先述した通り、多くの旅館では和のイメージをモチーフとして経営している場所が多いです。
なので接客対応する際の服装も和服や着物であることがほとんど。
日常生活で和服や着物を着る機会はそうそうないので、そういった着物が好きな女性にとってはとても嬉しい機会であると言えるでしょう。

デメリット

・シフトの融通が利きにくい。
旅館では、チェックイン・チェックアウトの時間がある程度決められているので、それに応じて仕事を行う必要があります。
客室清掃・食事準備と仕事の時間がある程度固定されているため、シフトに入れる時間も、時間によって、人数がしっかり固定されていることがほとんどです。
また、住み込みで働くことになる場合もあるため、希望通りに自由に休みをとるということは難しくなって来るでしょう。

・仕事が大変
「旅館バイト」では、通常の接客業よりもより高い水準のマナーや、礼儀作法を求められることもあります。
また、旅館では予想できないようなトラブルが起こったり、お客様からの急な要望を求められることが多々あるため、それに応じた対応をしなければならないことも、一つ大変な点であると言えるでしょう。
仕事内容にもよりますが、特にレストランでの接客業務は大変という声が多いです。
一度にたくさんの料理を、調理・配膳したり、運んだりするので想像以上に力仕事な部分もありますし、より素早く、かつ丁寧な作業を求められる場合もあります。
客室清掃の仕事に関しても、時間内に決められた数の客室を清掃するように求められるため、いかに綺麗かつ素早く作業するかを考えながら、清掃をしなければなりません。

働いた方の体験談

上記ではメリット、デメリットについてそれぞれご紹介していきました。
ここまでみて、「旅館での仕事は大変そう……」というイメージを持たれた方もいらっしゃるかと思います。
そこで、実際に働いた方からのリアルな感想を、ここではまとめてみました。
ぜひ、参考にしてみてください。

<メリット面での体験談>
・人里から離れていて、自然に囲まれた場所で働くのはとても新鮮で、またリゾート気分を味わうことができて、とても楽しかったです。
また、私のところは、休憩時間もしっかりあって、温泉も入り放題、そしておいしい賄いも出してくれたため、楽しみながら働くことができました。
なので食費などもほとんどかからなかったので、お金をためることもできました。
接客に対しても、基本的なマナーから高度な接客スキルを教えてもらうことができました。

・敬語の使い方や電話対応はもちろんですが、お客様に対しての丁寧な接客の仕方や、一つ一つの動作まで、丁寧にできるように教えてもらいました。
通常の仕事では身につけれないような社会人スキルやマナーなどを身につけることができます。
また、普通に生活していたら出会えないような人と出会えるので、そこはとても面白いです。
なお、綺麗な着物を身に着けることができたのと、その着物の着付けの仕方まで教えてもらえたのでとてもためになりました。

<デメリット面での体験談>
・私のいたところは、マナーに対してとても厳しかったです。
仕事に対してもとても厳しく指導されたため、そこがとてもきつかったです。

・繁忙期だったせいか、目が回りそうになるくらい忙しくドタバタしていました。
重たいものを持つこともあったため、身体的にとてもきつかったです。

・なにか失敗するたびに、たびたびお客様からクレームをもらうことが多々ありました。
高級老舗旅館だったこともあり、求められるレベルがとても高かったので慣れるまではとても苦労しました。

以上、「旅館バイト」で働いた方の体験談をメリット、デメリットについて、ピックアップしてまとめてみました。
接客業ということもあって、お客様からクレームを頂いたり、トラブルシューティング時の対応でお叱りの言葉を頂くということも多々あるようです。
また高級老舗旅館にもなると、一つ一つの所作まで高いレベルを求められることがあるため、そこが大変に思うポイントの一つかもしれません。
ただ、その分大きなメリットもあるので、働く際には自分に対してのメリットや、適正も考えつつ、働いていく方法を模索して行った方が良いのかもしれません。

まとめ

以上、「旅館バイト」の詳しい仕事内容と、そのメリットとデメリットについて、紹介していきました。


「旅館バイト」という仕事は、接客が主な仕事であることや、時としてチームで働かなければならないということもあり、やはり大変な面がある仕事であると思います。
また伝統のある旅館になってくると、一つの所作や動作までレベルの高いマナーを求められることがあるため、他の仕事とはまた違った面での大変さもあるかと思います。
しかし、その苦労に見合ったものを、この仕事では受け取ることができると、筆者は強く感じました。
旅館で求められる接客マナーなどは、普通の仕事ではなかなか身に付けれる機会はないでしょう。
お給料はもちろんのこと、普通のアルバイトでは得られない経験と、リゾート気分を味わいながらしっかりと働くことができる、いい機会であると言えます。
また「旅館バイト」ならではの特権があるところもあるようなので、ぜひ、この機会に「旅館バイト」で一度求人を検索してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

木戸涼介のアバター 木戸涼介 住み込み求人専門家

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

目次