住み込みの仕事がやめとけといわれる理由とは?住み込み仕事の特徴やメリットも紹介

求人情報を検索していると「社員寮付き」「寮完備」と記載されているのを目にすることがあります。なかには寮費が無料のケースや友達同士での入植が可能なケースなどがあり、条件の良い仕事と感じるかもしれません。

しかし、住み込みの仕事はメリットだけではなく、やめとけと思わずいってしまいたくなるようなデメリットが存在することも事実です。

そこで今回は、住み込みの仕事が「やめとけ」といわれる理由について紹介します。あわせて住み込みの仕事の特徴やメリットについても解説しますので、参考にしてください。

<住み込み関連の記事もチェック!>

リゾートバイトとは?住み込みバイトとの違いやメリット・デメリットを紹介

大阪市の住み込み求人や主な企業・産業をご紹介【大阪市で働きたい方へ】

住み込みの仕事とは?

住み込みの仕事とは?

世の中にはさまざまな仕事がありますが、住み込みの仕事とはどのような仕事なのでしょうか。ここでは住み込みの仕事の特徴や給与などについて解説します。

住み込み仕事の特徴

住み込みの仕事とは雇用先が指定する寮や住居などに住み、そこから職場に通って勤務する仕事のことをいいます。

求人数も多く寮ありや住み込み、社員寮ありなどさまざまな呼び方で住み込みの仕事であることがわかるように募集されています。

家賃や生活費などの負担を軽減できたり、通勤時間を大幅に削減できたりといった点が特徴です。

住み込みの仕事の種類

住み込みの仕事には下記のような職種があります。

  • 観光業・リゾートバイト
  • 製造業
  • 運送業
  • 農業
  • 看護職・介護職
  • マンションの管理人

観光業・リゾートバイト

観光地にあるホテルや旅館、リゾート施設などでの仕事です。

接客業務や裏方業務など勤務地によってさまざまな仕事があります。

夏休みや冬休み限定のアルバイトとして学生に人気がある仕事です。

製造業

工場勤務で製造ラインでの業務に携わります。

車や家電、日用品などの組み立て、食品の下ごしらえなどを行うケースが多いといえます。

仕事中に話す機会があまりないので、黙々と仕事がしたい方に向いています。

製造業は力仕事が多いなど大変そうなイメージがありますが、実際にはそうではありません。スミジョブにも製造業のコラムが多数掲載されているのでチェックしてみてください!

【工場勤務に転職したい方へ】工場の仕事内容や魅力、向いている人を解説『未経験OK?』

運送業

大型のトラックなどを運転し手荷物を運んだり、積み下ろしをしたりする仕事です。

1人でいることが好きな方や他人に気を使いたくない方、長時間の運転でも苦にならない方に向いている仕事です。

農業

米や野菜、果物などの農作物の栽培・製造に携わる仕事です。

刈り入れ時の期間限定のアルバイトとしても人気があります。

早起きや力仕事などが気にならない方、自然と触れ合いながら仕事がしたい方におすすめの仕事です。

看護職・介護職

高齢者施設などで利用者のサポートや家族への対応などを行う仕事です。

それぞれ資格を持っていると優遇される可能性があります。

人の役に立つことにやりがいを感じられる方に向いています。

マンションの管理人

マンション利用者への対応や共用部分の清掃、巡回、手続きなどを行う仕事です。管理人室に住み込んでほぼ毎日業務に携わるイメージです。

管理人の仕事では比較的年齢が高い方を募集することが多いといえます。

人とのコミュニケーションが苦手ではない方や、マメな方に向いている仕事です。

住み込み仕事の給与

住み込み仕事の給与は職種によって異なります。

時給制の仕事では高めの時給が設定されているケースが多く、1,000円~1,500円程度が一般的です。なお時給2,000円程度の高時給が設定されている仕事も一部あります。

月給制の仕事では月給20万円から25万円程度(未経験者の場合)が多いといえます。

住み込みする場所

住み込み仕事の住居の種類は下記のとおりです。

  • 社員寮
  • 社宅(会社の借り上げ)
  • 併設住居

社員寮とは企業の社員が住むための寮で、団地などを一棟借り上げて提供されるケースが多いといえます。

社員と家族が住む社有社宅や未婚者向けの独身寮、単身赴任者が住む単身赴任寮などの種類があります。

同じ会社に勤める人が同じ場所に住むため治安が良い一方で、プライベートと仕事の区別をつけにくく、休日でもリラックスできにくいデメリットがあります。

社宅とは企業名義でマンションやアパートなどの一室を借り、社員に貸し出されるものです。

社員寮と異なるのは、社員が自分で物件を確認して住みたい物件を選択できるケースがあるということです。

一般的な賃貸住宅に安く住める点や手続きなどは企業が行うため手間が掛からないというメリットがあります。

一方、家賃や間取りが制限されたり、家賃補助の分だけ給料が少なくなったりするのがデメリットとなります。

併設住居は職場に併設された住居のことです。勤務先の敷地内に住居があり、旅館やホテル、マンション管理者、介護系施設などの仕事で採用されているケースが多いといえます。

併設住居のメリットは移動時間がほぼない点や仕事と住まいが保証されている点です。一方で、仕事をやめるときには住居も失うことになる点や労働時間が長く設定されていることがある点がデメリットとなります。

住み込みの仕事がやめとけといわれる理由

住み込みの仕事はやめとけ?

住み込みの仕事はやめとけといった声を聴いたり、評判などと目にしたりしたことがあるかもしれません。

というのも、住み込みの仕事には下記のようなデメリットがあるためです。

  • プライベートがほとんどない
  • 休日に出勤・駆り出される
  • 住み込み先に独自のルールや悪習がある
  • 選べる職種が少ない
  • 個室に住めるとは限らない
  • 共有スペースを自由に使えない
  • 食事などに頻繁に誘われる
  • 仕事をやめると住む場所も失うことになる
  • ブラック体質な勤務先の可能性がある

プライベートがほとんどない

プライベートがほとんどないのが、住み込みの仕事はやめとけといわれる理由の1つです。

住み込みの仕事では仕事が終わって後や休日でも同僚や上司と同じ場所で過ごすケースがあります。

寮によっては食事や洗濯、風呂などの生活行動を共にしなければなりません。

自分ひとりの時間が持ちにくくなるは理解しておくべきでしょう。

休日に出勤・駆り出される

休日に呼び出されることがあるのも、住み込みの仕事はやめとけといわれる理由です。

会社に近い場所に住んでいるとすぐに出てこられると考えられ、欠勤者に変わって出勤をお願いされたり、会社の行事に駆り出されたりすることがあるようです。

すべての住み込み仕事に当てはまるわけではありませんが、このように考える企業もあるため仕事探しは慎重に行う必要があります。

住み込み先に独自のルールや悪習がある

住み込み先に独自のルールが設けられていたり、時代遅れの悪習が残っていたりするケースがあるのも、住み込み仕事はやめとけといわれる理由です。

一部の住み込み寮では郵便物を出す際や外出・外泊時などに許可がいる場合があります。

また入寮した順番や年齢などによって、入寮先の雑用などを求められる場合もあるようです。

選べる職種が少ない

住み込みの仕事では選べる職種がそれほど多くないというデメリットがあります。

観光業や製造業、運送業、農業、医療系の職業、マンション管理人などの仕事があると紹介しましたが、それ以外の住み込みで働ける仕事というのはほとんどありません。

そのため、住み込みで働く場合は職種が偏るものだと思っておいた方がいいでしょう。

個室に住めるとは限らない

個室に住めるとは限らないというのも、住み込み仕事はやめとけといわれる理由です。

企業が用意している寮によっては、他の従業員との相部屋となるケースがあります。

大部屋で他の従業員と一緒に生活するとなると、仕事以外の場面でも常に気を使わなければならないでしょう。

住み込みで働く場合は、住環境について確認しておくことをおすすめします。

共有スペースを自由に使えない

共有スペースを自由に使えないというのも、住み込みの仕事はやめとけといわれる理由です。

併設住居の場合、部屋は個室でもキッチンや洗濯場、トイレなどが共有となるケースがあります。

時間帯や曜日などによっては自分が使いたいタイミングで誰かが使っているといったこともあるでしょう。

仕事以外の時間でストレスを感じる可能性もありますので注意が必要です。

食事などに頻繁に誘われる

食事などに頻繁に誘われるのも、住み込みの仕事のデメリットといえます。

同僚や先輩たちと同じ空間で生活していると、食事やお酒に誘われることがあります。毎回誘いに乗っていると、住居費を浮かせられても、飲食代などに給料が消えてお金が貯まらなくなってしまうかもしれません。

また1人でゆっくりしたいときでも先輩の誘いを断れなかったり、断ることに気を使ってストレスを感じたりすることもあるでしょう。

同僚や先輩と仲良くなるのはいいことかもしれませんが、仕事仲間と適度な距離を保ちたいのであれば住み込みの仕事は向かないといえます。

仕事をやめると住む場所も失うことになる

仕事をやめると住む場所も失ってしまうという点も、住み込みの仕事はやめとけといわれる理由です。

社宅や社員寮、併設住居に住めるのはその企業に勤めているからです。退職した場合、当然退去を求められることになります。

逆にいえば、自分で新しい住居を準備できない間は仕事をやめることはできません。

一般的な仕事と比較して、住み込みの仕事はやめるための条件が厳しいと考えておくべきでしょう。

ブラック体質な勤務先の可能性がある

勤務先の企業がブラック体質の可能性があるというのも、住み込み仕事はやめとけといわれる理由です。

住み込みの仕事の場合、住居が会社の近くにあることが多いです。そのため、なかには会社が近い分だけ遅くまで働かせる場合があります。

また会社を休んだときに会社の人間が住み込み先まで押しかけてくるケースもあるようです。これは住んでいる場所を会社側が知っているからです。

実際にはゆっくり休めてしっかり働ける環境が整った会社が多いですが、なかにはブラックな働き方を求めてくる会社も残念ながら存在します。

入社する前にできるだけ情報を集めて確認し、危険を感じるようなら応募を見送るようにしてください。

住み込みの仕事のメリットも知っておこう

住み込み仕事のメリット

住み込みの仕事はやめとけといわれる理由を紹介してきましたが、一方で下記のようなメリットもあります。

  • 住みたい場所に安く住める
  • しっかり貯金できる
  • 休みをしっかりとれる
  • 通勤に時間が掛からない
  • 住居費を抑えられる
  • 保証人なしで住む場所を確保できる
  • 専用寮がある勤務先なら女性でも安心して働ける
  • 同僚と仲良くなりやすい

住みたい場所に安く住める

住み込み仕事のメリットの1つが、住みたい場所に安く住めるということです。

住み込み仕事の求人は全国各地にあります。つまり、うまく仕事を選択できれば自分が働きたい場所で働くことができます。

また住み込み仕事では家賃が無料または割安になることが多いため、住居費を節約しながら仕事に就くことが可能です。

自分があこがれている場所や住んでみたい場所があるならば、住み込みの仕事を選択肢に入れてみるといいでしょう。

しっかり貯金できる

しっかり貯金ができるのも住み込み仕事を選ぶメリットです。

先述のとおり、住み込み仕事では住居費に負担を大幅に減らすことができるからです。

また地方で働いた場合、生活に掛かるコストも安くなりやすいため、お金を使う機会を減らすことができます。

働いた分のお金を手元において起きやすいというのは、住み込み仕事の魅力といえるでしょう。

休みをしっかりとれる

休みがしっかりとれるというのも、住み込み仕事のメリットです。

悪質な待遇の一部企業を除き、基本的には休みをしっかりとれる企業がほとんどです。特に工場勤務では基本的にカレンダー通りの出勤と考えていいでしょう。

そうではない場合でも、働き方改革の影響もあり、休日出勤を頼まれることは少ないともいわれています。

そのため、オン・オフのメリハリをつけて働くことができるでしょう。

通勤に時間が掛からない

通勤に時間が掛からないというのも、住み込み仕事のメリットです。

社員が住む場所は勤務先から近いケースがほとんどです。そのため通勤に時間が掛かることはほぼありませんし、勤務先まで距離がある場合は送迎が付くケースもあります。

一般的な仕事では通勤に1時間以上掛かる場合もあり、通勤にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

住み込み仕事では体力的にも精神的にも楽に通勤することが可能です。

住居費を抑えられる

住居費を安く抑えられるというのも、住み込み仕事のメリットの1つです。

勤務先が提供する住居は相場と比較して寮費(=家賃)が安いまたは無料であるケースが多いです。また敷金・礼金などの費用も必要ありません。

そのため、住居費を大幅に節約することが可能です。

住居費を安くしたいと考えている人には、住み込み仕事をおすすめします。

保証人なしで住む場所を確保できる

保証人なしで住み場所を確保できるというのも、住み込み仕事のメリットです。

一般的にマンションやアパートなどを借りる際には保証人(または保証会社への加入)が必要です。

しかし住み込みの仕事で提供される住居は賃貸契約とは異なるため、保証人などが不要となる場合がほとんどです。

住居を探すのは手間が掛かり大変ですが、住み込みの仕事であれば入職と同時に住居を確保でき生活基盤を整えることができます。

専用寮がある勤務先なら女性でも安心して働ける

入職する企業によっては女性でも安心して働けるというのが住み込み仕事のメリットです。

最近では男女別の寮を提供する企業が多くなっています。そのため、仕事中は男女一緒でも寮では女性のみが入れる女子寮で生活することができます。

女子寮は車通りが多い道路の近くにあるケースやセキュリティが整っているケースが多いので、女性1人でも安心して暮らすことができます。

住み込みの仕事を探す場合に確認すること

住み込み仕事を探すときに考えること

住み込みの仕事を探す場合は、仕事内容に加えて社員寮や併設住居などについても慎重に判断する必要があります。

住み込み仕事のデメリットが大きなストレスとなってしまうことがあるためです。

そのため、下記のポイントについて必ず確認することが重要です。

  • 個室かどうか
  • 寮費が掛かるのか
  • 水道光熱費などの費用が掛かるのか
  • 寮内の設備

個室かどうか

住み込み仕事を探す場合は、居住先が個室かどうか必ず確認しましょう。

会社によっては相部屋しか用意していないケースがあるからです。

同僚と仕事以外の生活を共にする場合、精神的なストレスを感じてしまうことがあります。

仕事以外の時間でゆっくり体を休めるためにも、個室の寮を提供している仕事を探した方がいいでしょう。

また会社によってはカップルや家族、友人同士での入寮が認められるケースもあるので、必要に応じて確認しましょう。

寮費が掛かるのか

寮費が掛かるのかどうかも、確認しておきたいポイントの1つです。

なぜなら、毎月の貯金額に大きく影響するためです。

先述のとおり、寮費は相場より安いか無料になるケースが多いといえます。また寮費は固定費になるため、数万円支払うのか無料なのかによって、長い目で見た場合に手元に残せる金額が大きく変わります。

実際に寮費が無料の場合と安い場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

水道光熱費などの費用が掛かるのか

水道光熱費などの費用負担があるのかどうかも確認しておきましょう。

「水道光熱費無料」「食事付き」などの条件が設定されている場合があるためです。

また食事つきではなくても、割安で利用できる社員食堂が利用できる場合もありますし、寮から勤務先への無料送迎がある場合もあります。

勤務先によって住み込みの条件が異なりますので、自分に合った条件での住み込み仕事を探しましょう。

寮内の設備

住み込み仕事を探す場合は、寮内に設備についても確認しておきましょう。

寮によってトイレや風呂、キッチンなどの設備が共同となることがあります。生活スタイルに大きく影響するため、自分の希望に合ったものかどうかを確かめる必要があります。

また家具家電付か、インターネット設備は整っているか、車の持ち込みは可能かなど、自分が生活することを考えて詳細な点まで確認してください。

住み込みの仕事の注意点

住み込み仕事の注意点

住み込みの仕事に就く場合の注意点は下記のとおりです。

  • 適度な気遣いが必要になる
  • 仕事とプライベートを分けにくくなる
  • 人間関係が仕事での評価につながりやすい

適度な気遣いが必要になる

住み込みの仕事に就く場合は、同僚などに適度な気遣いが必要になります。

同じ空間や同じアパートなどで生活する場合は、顔を合わせた際にあいさつをしたり、周りの迷惑にならないような節度を守った生活をしたりする必要があります。

住み込みで働く場合、毎日勤務先で顔を合わせることになるということを理解しておきましょう。

仕事とプライベートを分けにくくなる

住み込みの仕事では、仕事とプライベートを分けにくくなると考えておきましょう。

同じ場所に住んでいると、休日に外出や食事などに誘われる機会があります。そのため、自分の休日の過ごし方が変わってしまう可能性もあります。

人とのコミュニケーションが得意で仲良くなりたい場合は問題ありませんが、プライベートと仕事をしっかり分けたい場合はストレスを感じてしまうかもしれません。

人間関係が仕事での評価につながりやすい

寮生活での人間関係が仕事での評価にもつながりやすい点にも注意が必要です。

生活態度が悪いと同僚や先輩に噂をされてしまったり、疎遠になってしまったりするケースがあります。職場にいづらく働きにくくなるかもしれません。

一方で、人間関係をうまく構築できれば、職場での評判が上がることも考えられます。

住み込みの仕事では人間関係が影響しやすいこと、人間関係を活かすかどうかによって評価が変わることを覚えておきましょう。

住み込みの仕事を探すならスミジョブがおすすめ

住み込みならスミジョブがおすすめ

住み込みの仕事を探している方には、スミジョブがおすすめです。

スミジョブは工場勤務や新聞配達、リゾートバイトなど、さまざまな住み込み仕事、寮付・寮完備の仕事を紹介する求人サイトです。

1R寮付や完全個室寮、家具家電付寮など、全国各地のさまざまな求人を扱っており、田舎や地方などへの移住・都会への移住を考えている方の幅広いニーズに応えることができます。

求人情報を「寮・社宅の特徴」「人気の条件」「都道府県」などさまざまな視点から検索できるため、あなたが希望する求人にアクセスしやすいのも特徴。またスミジョブに登録すれば人材派遣会社経由で仕事を探すこともできます。

サポート体制も充実しており、すべてのサービスを無料で利用できるため、仕事を探すための経費について心配する必要もありません。

住み込み・寮付の仕事を探しているなら、スミジョブの利用を検討してみてください。

まとめ

今回は住み込みの仕事がやめとけといわれる理由について解説しました。

住み込みの仕事の一部では「休みの日に呼び出される」「休日出勤をさせられる」「古い悪習が残っている」など、住みにくさや働きにくさを感じるケースがあります。なかにはかなりブラックな体質の会社もあるため、十分注意したいところです。

しかし、多くの企業で住み込み仕事の環境が改善されており、しっかり休みを取れるのはもちろん、福利厚生などの待遇が整った仕事もあります。

そのため、住み込みでの仕事を探す場合は、しっかりと情報を集めたり、直接確認したりするなど入念がリサーチを行うことが重要になります。

住み込み仕事に就くことを検討している方は本記事を参考にして、自分に合っているのかどうかを確かめてみてください。

そのうえで住み込みの仕事を探したいのであれば、スミジョブを利用してみるといいでしょう。スミジョブでは全国各地の住み込み・寮付の求人を紹介しており、すべてのサービスを無料で利用可能です。

スミジョブであなたにピッタリの住み込みの仕事を見つけましょう。

スミジョブ 「スミジョブ」|は住み込みバイト・リゾートバイト・社宅付き・社員寮完備・寮付き・出稼ぎなど、住み込みや寮ワードで探しているユーザーにとって非常に便利な求人サイトです。
お仕事は製造の住み込み求人から、リゾートバイト等のアルバイト求人・マンション管理人・新聞配達などの住み込み求人まで幅広く取り扱っております。

【寮・社宅で検索】
寮費0円|ワンルーム寮完備|カップル寮・家族寮| ペット寮|即入寮OK|初期費用無料| 完全個室寮|初期費用0円|赴任交通費支給|

【人気条件で検索】
未経験OK|高収入|即入寮|日払い|ボーナスあり|車・バイク通勤OK|大手企業で働く|本日面接OK|ブランクOK|高収入・高額|女性活躍中の職場|即採用・即赴任・即入寮|友達と応募OK|

【都道府県で検索】
<北海道・東北>
北海道|青森県|岩手県|宮城県| 秋田県|山形県|福島県|
<関東>
東京都|神奈川|埼玉県|千葉| 群馬県|茨城県|栃木県|
<甲信越・北陸>
新潟県|富山県|石川県| 福井県|山梨県|長野県|
<東海>
岐阜県|静岡県|愛知県|三重県|
<関西>
大阪府|兵庫県|和歌山県| 京都府|滋賀県|奈良県|
<中国>
鳥取県|島根県|広島県|山口県|
<四国>
徳島県|香川県|愛媛県|高知県|
<九州・沖縄>
福岡県|佐賀県|長崎県|熊本県| 大分県|宮崎県|鹿児島県|沖縄県|
『高収入』『即入寮』の住み込み求人が2,500件以上!
お仕事を探す
『高収入』『即入寮』の住み込み求人が2,500件以上!
お仕事を探す