リゾートバイトとは?住み込みバイトとの違いやメリット・デメリットを紹介

世の中にはさまざまなアルバイトがありますが、学生や若年層に人気が高いのがリゾートバイトです。ですが、リゾートバイトがどのようなものなのか、どんなメリットやデメリットがあるのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回はリゾートバイトの特徴や住み込みバイトとの違い、メリット・デメリット、仕事の探し方について解説します。

目次

リゾートバイトとは?

リゾートバイトについての解説

リゾートバイトのってどんなお仕事かしっていますか?

リゾートバイトとは全国各地にあるリゾート地で、住み込みで働くアルバイトのことをいいます。

普通のアルバイトと異なるのは、自分の都合に合わせて期間を限定して働けることや、自分が行きたいリゾート地でお金を稼げるという点です。

また、基本的に住み込みでの仕事となり、寮費や食費、光熱費などを負担してもらいながら、アルバイトができます。

テーマパークや観光地のように年中求人があるリゾートバイトや、海水浴場やスキー場のように季節的なシーズンの間だけ働けるリゾートバイトなど、さまざまな仕事があります。

住み込みながら期間を決めて働くことになるため、しっかり稼ぐことができ、貯金がしやすいというのもリゾートバイトならではの特徴です。

リゾートバイトと住み込みバイトの違い

リゾートバイトと住み込みバイトはとてもよく似ていますが、厳密にいうとその内容は異なります。

共通している点は、どちらのアルバイトも勤務先が用意した寮や宿泊施設に住み込んで仕事を行うということと、2ヶ月以上の勤務となる場合は社会保険が完備されているということです。

主な違いとしては下記の点が挙げられます。

リゾートバイト 住み込みバイト
雇用期間 1週間から3ヶ月 3ヶ月以上の長期
職種 宿泊施設のスタッフ

レストランのホール

テーマパークのスタッフ

キャンプ場スタッフ

スキー場スタッフ など

製造業(期間工)

農業 など

雇用形態 派遣契約(派遣社員) 派遣契約

契約社員

正社員

雇用者 リゾートバイトの派遣会社

リゾート地の企業

派遣会社

就業先の企業

働く地域 観光地、避暑地、ビーチリゾート、スキー場などのリゾート地 都市部、郊外
働く特典 温泉、スキー場のリフトなどが無料で利用できる

留学支援など

ボーナス支給(労働状況による)
寮完備

求人によっては寮費・光熱費・食費無料

寮完備

求人によっては寮費・光熱費・食費無料

社会保険 完備 完備

リゾートバイトの雇用期間は最短で1週間から2週間程度、長くて3ヶ月~6ヶ月程度となります。

職種もさまざまで、宿泊施設のスタッフやレストランのホール、テーマパークやスキー場などのスタッフ業務などの仕事があります。

雇用形態は派遣契約(派遣社員)や紹介予定派遣、勤務先との直接雇用(アルバイト)となり、リゾートバイトを紹介する派遣会社を経由して仕事を探すのが多い傾向にあります。

一方、住み込みバイトの雇用期間は3ヶ月以上の長期契約となるのが一般的です。製造業に携わる期間工としての仕事が多く、稀に農業などの求人も紹介されています。

雇用形態はさまざまで派遣会社に登録して工場などに派遣される派遣契約や、就業先の企業と直接契約を交わす契約社員・正社員などの形態があります。

リゾートバイトはリゾート地に住み込んで働きますが、一般的な住み込みバイトとは内容が少し異なりますので理解しておきましょう。

住み込みでのリゾートバイトの特徴

リゾートバイトの特徴

リゾートバイトの特徴について知っておきましょう!

住み込みでのリゾートバイトの特徴は下記のとおりです。

  • リゾート地や観光地で働く
  • 契約期間中は寮に住み込んで働く
  • 社会保険が完備されるケースが多い

リゾート地や観光地で働く

住み込みでのリゾートバイトの大きな特徴が、リゾート地や観光地で働くということです。

一般的なアルバイトでは、自宅や学校の近くといった生活圏の中で仕事を選ぶ必要があります。

一方、リゾートバイトの場合は、自宅と勤務地との往復の交通費が支給されるため(1ヶ月以上の勤務期間の場合)、地理的な縛りは関係なく、好きな勤務地や好きな仕事を選んで働くことができます。

自分が行ってみたかった観光地や、人気が高いリゾート地で働けるというのは、リゾートバイトの大きな魅力ともいえます。

契約期間中は寮に住み込んで働く

リゾートバイトは、勤務期間中は寮に住み込んで働くというのも特徴的です。

リゾートバイトをする人の多くが勤務地周辺の地域外からやってきます。そのため、勤務先には寮が完備されていることが多く、そこに住みながらアルバイトをすることになります。

住み込みをしながらアルバイトするのは、通常のアルバイトでは経験できないことです。特に、一人暮らしを経験したいと思っている方にとっては魅力的といえるでしょう。

ただし、一定期間住むことになるため、どのような寮が提供されるのか事前に確認しておいた方がいいでしょう。

社会保険が完備されるケースが多い

リゾートバイトでは社会保険が完備されるケースが多いというのも特徴です。

2ヶ月以上の勤務期間が設定されている場合、年金や保険に加え労災などにも加入できますので、万が一のことにも備えながら仕事ができます。

ただし、勤務期間が短い場合は社会保険に加入できないケースもあるので注意しましょう。

住み込みでのリゾートバイトの仕事の種類

リゾートバイトの仕事の種類について

リゾートバイトのお仕事には非常にたくさんの種類があります。

住み込みでのリゾートバイトにはさまざまな仕事がありますが、大きく種類に分けることができます。

  • 接客系の仕事
  • 裏方系の仕事
  • アクティビティ系の仕事
  • ナイトワーク系の仕事

それぞれの仕事の特徴について紹介していきましょう。

接客系の仕事

リゾートバイトでは接客系の仕事に就くことができます。

その名のとおり、お客様と接する機会が多い仕事です。主に下記の仕事が多いといえます。

  • フロントスタッフ
  • 旅館の仲居
  • 売店スタッフ
  • レストランのホールスタッフ

なかでも、ホテルのフロントスタッフや旅館の仲居の仕事では、質の高い接客サービスが求められます。

人前に出る仕事であるため、リゾート地で働いていることを実感しやすい仕事といえます。一方で、誠実で丁寧な対応をしなければクレームにつながることもあり、気を抜くことは許されない仕事です。

接客業の経験がある方や丁寧な言葉遣い・マナーが身についている方、ホスピタリティを持って仕事をしたい方におすすめの仕事です。

裏方系の仕事

リゾートバイトでは裏方系の仕事も募集されています。

客前に出るのではなく、バックヤード業務に携わり、清掃や補助などを行う仕事です。主に下記の仕事が多いです。

  • ホテル・旅館の客室清掃スタッフ
  • レストランの洗い場・皿洗いスタッフ
  • レストランの調理補助スタッフ
  • ホテルなど宿泊施設の事務・予約受付スタッフなど

勤務先の裏方として仕事をするため、リゾート地で仕事をしている実感はあまりないかもしれません。ただし、業務内容は難しいものではないため、取り組みやすい仕事ともいえるでしょう。

人前に出る仕事が得意ではない方や人のサポートに付くのが好きな方、アシスタント業務や事務経験のある方におすすめです。

アクティビティ系の仕事

勤務地によってはアクティビティ系の仕事に就くこともできます。職種の一例は下記のとおりです。

  • マリンスタッフ(海水浴関係の仕事)
  • プールの監視スタッフ(またはプール関係の仕事)
  • テーマパークスタッフ
  • キャンプ場のスタッフ
  • スキー場のスタッフなど

アクティビティ系の仕事は季節や長期休暇に絡んだ仕事が多いため、通年で求人が出ることはなく、期間限定の求人として紹介されるケースが多いといえます。

特に、マリンスタッフやスキー場のスタッフの募集は人気が高く、募集定員に達するのが早い傾向にあります。

リゾート地で仕事をしていることを実感しながら、アクティブに働きたいと考えている方におすすめの仕事といえるでしょう。

ナイトワーク系の仕事

リゾートバイトではナイトワーク系の職種もあります。いわゆるリゾキャバと呼ばれる仕事で、離島にあるガールズバーやスナックで働く仕事がメインとなります。

他のリゾートバイトと比較して時給が高めです。また、離島とはいえコンビニや病院なども揃っているので、さほど不便を感じることなく働けるでしょう。

ただし、勤務地によってはお酒を回し飲みしたり、浴びるほど飲んだりする風習があるなど、相当のお酒を飲まされる可能性がありますので注意しましょう。

住み込みのリゾートバイトのメリット

リゾートバイトのメリット

リゾートバイトにはメリットが非常にたくさんあります!

住み込みのリゾートバイトのメリットは下記のとおりです。

  • お金が貯まりやすい
  • 働く期間が決まっている
  • 通勤に時間がかからない
  • 休みの日は観光スポットで遊べる
  • さまざまな出会いがある

お金が貯まりやすい

お金が貯まりやすいというのが、リゾートバイトのメリットの1つです。

リゾートバイトではリゾート地や観光地に住み込みで働くことになります。寮費や食費、光熱費が全て無料となる求人が多いため、生活のための経費をかける必要がありません。

また、勤務先次第ではしっかりとシフトに入ることができるため、短い期間でもガッツリ稼ぐことができます。

実際に3ヶ月から半年程度で、まとまった金額を貯金できる方もいらっしゃいます。

できるだけ短い期間でしっかりお金を貯めたいという方に、リゾートバイトはおすすめの働き方といえます。

働く期間が決まっている

リゾートバイトのメリットの1つが、働く期間があらかじめ決まっているということです。

リゾートバイトの雇用期間は1ヶ月から3ヶ月程度がメイン(それ以上の長期の求人もあります)となります。

働く期間が決まっているので、気楽に取り組めるのが特徴です。

例えば、旅行のためのお金を貯めたい場合、リゾートバイトなら3ヶ月働くだけで済みますが、普通の仕事やアルバイトではそうはいきません。

旅行に行くお金がたまったから辞めますといって辞めるものではないからです。

リゾートバイトでは働く期間が決まっており、その後のことを気にする必要はありません。目的があってお金を貯めたい人や学生の長期休暇のアルバイトにはピッタリといえるでしょう。

通勤に時間がかからない

通勤するのに時間がかからないというのもリゾートバイトのメリットです。

リゾートバイトの求人の多くは生活するための寮を用意してくれています。寮は勤務先からも近いので、通勤にそれほど時間はかかりません。

また勤務先までは徒歩で向かうか、送迎が付くため、通勤の手間もかかりません。

通勤に時間や手間がかからないというのは、リゾートバイトの魅力の1つといえます。

休みの日は観光スポットで遊べる

リゾートバイトでは休日に観光スポットで遊べるというメリットもあります。

勤務先がリゾート地や観光地であるため、休日には施設で遊んだり、観光スポットを巡ったりできます。

なかには温泉に無料で入ることができたり、スキー場のリフト券を無料で使うことができたりする求人・勤務先もあります。

自分が行きたかった場所に行ったり、バイト先で知り合った人と遊んだりすることで、素敵な思い出作りができるでしょう。

旅行が好きな方や遊ぶことが大好きな方にとって、本来であれば旅費を支払って訪れるはずの場所に、仕事をしながら滞在できるというのは大きなメリットになります。

さまざまな出会いがある

さまざまな人と出会うことができるというのも、リゾートバイトのメリットといえるでしょう。

リゾートバイトには全国各地からバイト仲間が集まるため、さまざまな人と出会います。

一定期間寝食を共に過ごすことになるため、かけがえのない友達や恋人になる人と出会える可能性もあります。

リゾートバイトの評判を詳しく見たい方は「リゾバの評判は?楽しい?きつい?それぞれの意見と理由とは。メリットやデメリットも併せて解説します」で解説しています。

住み込みのリゾートバイトのデメリット

リゾートバイトのデメリット

リゾートバイトのデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

一方住み込みのリゾートバイトには下記のデメリットがあります。

  • 働く時間が長い
  • 仕事がきついことも
  • 生活が不便になる場合がある
  • 寮に当たりはずれがある
  • 人間関係がディープになりやすい
  • 倍率が高い

働く時間が長い

リゾートバイトのデメリットの1つが、働く時間が長いということです。

働く時期や職種によって異なりますが、リゾートバイトでは勤務時間はフルタイム(8時間程度)になることが多く、普通のアルバイトと比べて長時間の勤務となることが多くなります。

また、繁忙期では休みが少なくなったり、残業が発生したりすることもあります。

勤務時間が長い分だけアルバイト代を稼ぎやすいといえますが、体力勝負になりやすいということも理解しておいたほうがいいでしょう。

仕事がきついことも

職種によっては仕事がきついケースもあるのがリゾートバイトのデメリットです。

例えば規模の大きなホテルのレストランで働く場合、ご飯時には料理や食器の補充、食後の食器の片付けなどをひたすら続けることになります。

また、旅館の仲居の仕事は制服の着付けに時間には時給が発生しないことケースが多く、覚える仕事量も多いのが特徴です。もちろん、お客様に対して気を遣わなければなりません。

1週間ほど続けると慣れてくるものですが、きつい仕事をやり遂げる自信がない場合は、自分に合った仕事を探すことも大切になるでしょう。

生活が不便になる場合がある

リゾートバイトのデメリットの1つが、日々の生活が不便になる可能性があるということです。

例えばスキー場のスタッフとして働く場合、勤務地や寮は山の中になります。コンビニやスーパーが遠く、車で数十分かかるケースもあるため、日用品などを気軽に買い出しに行くのを難しくなります。

普段と同じように生活するのは難しい勤務先もあるため注意が必要でしょう。

寮に当たりはずれがある

寮に当たり外れがあるということもリゾートバイトのデメリットでしょう。

勤務先が用意してくれる寮はさまざまで、1Rタイプのアパートである場合もあれば、最低限の設備しかないシェアハウスタイプの寮の場合もあります。

トイレや洗面所キッチンなどが共用、お風呂は旅館の大浴場しか使えない、wi-fi環境がないなど、条件次第では過ごしにくい寮で生活しながら仕事に従事することになります。

リゾートバイトの寮の見学はできないため、仕事を探す際にできるだけ情報を集めることが大事です。派遣会社に問い合わせて、どのような寮なのか確認するようにしましょう。

人間関係がディープになりやすい

リゾートバイトでは人間関係がディープになりやすいというデメリットがあります。

リゾートバイトでは仕事仲間と生活を共にすることもなります。そのため良くも悪くも人間関係が濃くなりやすいのです。

バイト先にどんな人がいるのかわからないので、場合によっては良くない雰囲気のなかで働かなければならないこともあるでしょう。

倍率が高い

リゾートバイトでは求人倍率が高いというデメリットもあります。

特に人気が高い観光地やリゾート地でのアルバイトには、応募が集中しやすい傾向にあります。

長期休暇の直前には募集が締め切られる可能性もありますので、リゾートバイトを希望する場合はできるだけ早めに仕事を探し始めるほうがいいでしょう。

《あわせて読みたい:リゾートバイトをおすすめしたい魅力のポイント5選!リゾバのメリット・デメリットも解説!

住み込みのリゾートバイトの探し方

リゾートバイトの探し方

リゾートバイトの探し方もしっかり勉強しておきましょう!

リゾートバイトがしたいと考えていても、仕事の探し方が分からない方もいらっしゃるでしょう。そこで、住み込みのリゾートバイトの探し方を紹介します。

リゾートバイトを探す流れは下記のとおりです。

  1. リゾートバイトをする目的を考える
  2. 自分が行きたい場所を想像する
  3. リゾートバイトの条件を考える
  4. リゾートバイト専門の派遣会社に登録する

リゾートバイトをする目的を考える

始めに、リゾートバイトをする目的を考えましょう。

目的によって適したリゾートバイトの種類や勤務地が異なるからです。

貯金がしたい、何かやりたいことがある、出会いが欲しいなど、リゾートバイトをする目的を明確にしましょう。

自分が行きたい場所を想像する

旅をするようにアルバイトがしたいと考えているなら、自分が行きたいと思う場所を想像するのも良いでしょう。

リゾートバイトの求人募集は全国各地にあります。また自宅から勤務地までの往復の交通費は支給されるので「自分が行きたい場所」に行くことができます。

例えば、屋久島や宮島といった世界遺産、ニセコのような有名なスキーリゾート、草津温泉や道後温泉などの有名温泉地など、求人さえあればどこにでも行くことができますし、働いてお金を稼ぐことができるのが、リゾートバイトの魅力です。

リゾートバイトの条件を考える

次に、リゾートバイトに求める条件について考えてみましょう。

しっかりとお金を稼ぎたいと考えているのであれば、当然時給が高いアルバイトを選ぶべきです。

ただし、仕事の内容によってはあなたに合わない場合もあるので、初めのうちは1ヶ月程度の短い期間からリゾートバイトにトライするのがいいでしょう。

また、住み込みのリゾートバイトでは、食事の内容と寮の環境が重要になります。

食事面は、休日も含めて3食無料である求人で、かつ手作りの食事が振舞われる求人をおすすめします。

勤務日のみ食事が支給される求人や、弁当やレトルトなどが支給される求人では、外食に頼りがちになってしまい、稼いだアルバイト代が減ってしまう可能性があるからです。

また、周囲に外出できる場所がないと、食事そのものに困ってしまうかもしれません。

寮については、個室が提供される求人を選択した方がいいでしょう。しばらくの間は同じメンバーで仕事をするため、仕事以外ではリラックスできる場所を確保しておくのが大切になるためです。

このように、リゾートバイトをするにあたっての給与面や対応についての条件を明確にしておきましょう。

リゾートバイト専門の派遣会社に登録する

リゾートバイトの目的や求める条件待遇などが明確になれば、リゾートバイト専門の派遣会社に登録しましょう。

求人数や求人の傾向などは派遣会社によって異なるため、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

あとは派遣会社が紹介している求人を自分で探すか、もしくは自分が求める条件を提示して派遣会社から求人を紹介してもらってリゾートバイトを探しましょう。

《関連記事:【リゾートバイトで失敗しないために】派遣会社を上手に活用する方法

住み込みのリゾートバイトを探す際のポイント

リゾートバイト探しのポイント

リゾートバイト探しのポイントを抑えることで効率的にお仕事を探すことができます!

住み込みのリゾートバイトを探す際のポイントは下記のとおりです。

  • 住み込みの寮や部屋については必ず確認しよう
  • アルバイト先の周辺環境を調べておこう
  • 閑散期のリゾートバイトは稼げないかも
  • 不明点は派遣会社を質問攻めにしよう

住み込みの寮や部屋については必ず確認しよう

住み込みの寮や部屋については、事前に必ず確認しましょう。

勤務先によって用意している寮は異なり、場合によっては良くない環境で生活をしながらアルバイトに従事しなければならなくなるためです。

勤務先の寮を見学することはできませんので、派遣会社の担当者に質問をするなど、事前情報できるだけ多く集めておくことをおすすめします。

アルバイト先の周辺環境を調べておこう

アルバイト先の周辺環境についても事前に調べておくことが大切です。

勤務地によっては、周辺にスーパーやコンビニなどがなく、日用品などを買い出しに出かけることが難しくなる可能性があるからです。

不足した日用品を現地調達できないのであれば、事前の準備が必要にもなります。

この点についても派遣会社に相談し、買い出しが必要になる場合にどのように対応してもらえるか確認しておきましょう。

閑散期のリゾートバイトは稼げないかも

観光地やリゾート地の閑散期には思うようには稼げない可能性があります。

閑散期は訪問客が少ないため、当初の予定よりも勤務日数やシフト、勤務時間を削られたりする可能性があります。

時給が高い仕事でもシフトに入れないと稼ぐことはできません。閑散期のリゾートバイトを希望する場合は、月収の目安が条件と合致するかどうか確認しましょう。

不明点は派遣会社を質問攻めにしよう

リゾートバイトについてわからないことがあれば派遣会社に何でも質問しましょう。

勤務地が遠く離れており、どのような仕事をするのかわからない、どのような環境なのかわからないなど、不安や心配になることも多いと思います。

派遣会社の担当者と何度も話し合い、納得したうえで勤務することをおすすめします。

スミジョブなら住み込みの仕事が見つかる!

住み込みの仕事が見つかる

スミジョブには住み込みの仕事がたくさん!

住み込みの仕事を探すなら、住み込みの仕事を専門に紹介しているスミジョブの利用がおすすめです。

スミジョブは全国の住み込み・寮完備で働ける仕事の紹介に特化している求人サイトです。

製造業や工場、新聞配達、農業など、幅広い業種の求人を取り扱っています。都市圏での勤務から、地方移住での勤務まで対応可能ですので、自由に仕事を探すことができます。

働きたい地域やこだわりの条件、特集などから求人を検索可能です。住み込みの仕事を希望する方は一度チェックしてみてください。

まとめ

今回は、リゾートバイトの特徴やメリット・デメリット、仕事の探し方について紹介しました。

リゾートバイトでは、自分が好きな場所で好きな期間働けます。また、自宅と勤務地との往復の交通費や寮費、食費、光熱費を負担してもらえる場合があるため、しっかり稼いで貯金をすることも可能です。

通勤に時間がかからないこと、休日に観光やレジャー体験ができること、さまざまな人との出会いがあることなど、さまざまなメリットがあります。

本記事を参考に、あなたにぴったりのリゾートバイトを探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次