派遣社員のダブルワーク徹底解説!メリットや注意点についても紹介!

  • URLをコピーしました!

派遣社員は、会社が休みの日の給料が出なかったり、正社員と比べて雇用が不安定だったりします。よって長期休暇のタイミングで収入が減ったり、いつか契約解除されるかもしれないという不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そんな不安を解消する為に、派遣社員をしつつダブルワークや副業をしたい方もいると思います。

なので今回はダブルワークのメリットや注意点、ダブルワークにオススメのお仕事も紹介していきます。本記事を参考にして、ダブルワークを検討してみてはいかがでしょうか。

<<関連記事>>
派遣社員の仕組みや働き方とは?正社員との違いや派遣で働くメリット・デメリットを紹介

スミジョブ住み込み・寮付き求人が探せる!

高収入な求人情報はコチラ
💰日払いOKの求人情報はコチラ
🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ
🆓寮費無料の求人情報はコチラ
💻WEB面接・電話面接可の求人はコチラ
💛カップル寮のある求人情報はコチラ
🐶ペットと住める寮付き求人コチラ!

目次

派遣社員はダブルワーク可能?禁止?

【スミジョブ】派遣社員はダブルワーク可能?禁止?
派遣社員だったらダブルワークしてもいいのでしょうか?

最近はダブルワークを解禁している企業も多くなってきましたが、派遣社員のダブルワークはどうなのでしょうか。近年ではフリーランスにような自由な働き方が珍しくないですし、収入アップやスキルアップを目的にダブルワークをしたい人はいるのではないでしょうか。

ここではそんなダブルワークが可能か禁止か、どうやって判断すればいいのかを解説します。

一般的には派遣社員もダブルワークは可能

結論として、派遣会社で働いているとしても一般的にはダブルワークが可能です。しかし、自分が常用型派遣にあたる場合には注意が必要です。

常用型派遣というのは派遣会社の正社員もしくは無期雇用派遣として入社して、他社に派遣される派遣のことです。この場合には一般的に想像される派遣とは雇用形態が違っているのでダブルワークの可否についても違ってくる可能性があります。

自分がダブルワーク可能か禁止かを判断する為には常用型派遣かどうかを確認しておけば一つの目安にできるでしょう。

可能かどうかは就業規則や契約を確認

しかし常用型派遣かどうかだけでは実際にダブルワークが可能かどうかはわかりません。自分の会社がダブルワーク可能かを詳しく調べるには、自分が同意した就業規則や雇用契約を確認しましょう。就業規則雇用契約の中でダブルワークを禁止する旨の記載が無ければダブルワークは可能です。

また、ダブルワークをする際には副業先がダブルワークを受け入れてくれるかも重要になります。すでに本業で1日8時間週40時間働いていると、後から労働契約をする副業先の給料を残業代として支払わなければいけなくなるため、事前に確認しておかないと残業代トラブルの原因になってしまいます。

ただし、フリーランスとして働く場合には労働基準法の適用外になりますので、そもそも残業代が支払われないことに注意してください。

派遣社員がダブルワークをするメリット

【スミジョブ】派遣社員がダブルワークをするメリット
ダブルワークをすると視野が広くなりますよ!

ダブルワークをすると休みの時間も働くことになるため身体的に疲れるというデメリットはあります。しかし、普段余っている時間を有効に使いたいと思っている方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方に向けてダブルワークをするメリットを紹介していきます。

【メリット①】精神的な負担が減り気分転換にもなる

派遣社員として働いていると契約解除の不安があるのではないでしょうか。契約が切れるまである程度の猶予はありますが、すぐに次の仕事先が見つかるわけではありません。この場合にはダブルワークをしておくことで、契約解除になってもある程度の収入が見込めるようになり、次の仕事を見つけるまでの生活に余裕が出来ます。

また、本業で身体的・精神的に疲れることがあっても、もう一つの職場で働くことで気分転換にもなります。普段デスクワークをしているという方であれば、休日に引っ越しスタッフのような体を動かせる副業をすること運動不足を解消できるかもしれません。また、同じ職場で同じ作業をずっとするのが苦手だという人にとってもダブルワークで気分転換をすることはメリットになります。

【メリット②】副業を通してスキルアップができる

ダブルワークをすることで、休みの時間にもスキルアップすることができます。

実務を通して仕事の勉強をしたいという方や、休みの日を有効活用したいという方にピッタリです。また、自分のスキルを活用した副業をすると時給が上がりやすいというメリットもあります。

副業で行ったことは守秘義務もあるので話してはいけないこともありますが、フリーランスとして実績を積んでいたことはアピールすることはできるので、自分の市場価値を高めて時給の高い職場に転職したいという方にもおすすめです。

【メリット③】副業を試してやりたいことが見つかる

例えばフリーランスの方などが仕事探しで利用しているサイトを見てみると1回限りの仕事依頼という案件も多いので、お試しで自分の興味のある分野の仕事を受けることもできます。将来自分のやりたいことがわからず、とりあえず派遣社員として働いているという方にはおすすめです。

もちろんある程度その仕事の経験や実績などが無いとそもそも仕事を依頼されないということになってしまいますが、実務経験がなくても独学でスキルを身につけて仕事を受注している方も多くいます。

スミジョブ住み込み・寮付き求人が探せる!

高収入な求人情報はコチラ
💰日払いOKの求人情報はコチラ
🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ
🆓寮費無料の求人情報はコチラ
💻WEB面接・電話面接可の求人はコチラ
💛カップル寮のある求人情報はコチラ
🐶ペットと住める寮付き求人コチラ!

派遣社員のおすすめダブルワーク

【スミジョブ】派遣社員のおすすめダブルワーク
ダブルワークでするならこの仕事がオススメ!

派遣社員がダブルワークの仕事探しをする際に見ておきたいポイントは、本業に支障が出ない仕事かということと、仕事時間が柔軟に調整できるかということです。

ダブルワークの候補にあげること今回はその中でもおすすめの仕事を紹介していきます。

【おすすめ①】単発アルバイト

時間が柔軟に調整できるのが単発アルバイトの強みです。

単発アルバイトは引っ越しスタッフやイベント設営などの肉体労働や、仕分けやデータ入力などの単純作業が多くありますが、1日で仕事が完結し、仕事で大きな責任を負わされることが無いので、精神的にも負担なく仕事をすることができます。

また、いろいろな仕事をしてみたいという方や、体を動かして気分転換をしたいという方にもおすすめです。

【おすすめ②】リモートワークOKの仕事

フリーランスの方が利用している仕事探しのサイトを見ると在宅でできる仕事がたくさん見つかります。仕事としては「プログラマ・記事ライター・アンケート・動画編集・デザイナー」などがあり、自分の持っているスキルを活用することも出来ます。

最初のうちは給与が低いことが多いですが、経験を積んでいくと給与が高い案件も受注することが出来るようになったりと、自分の価値が上がっていくやりがいがあります。

注意点としては仕事を完遂できるだけのスキルを持っていないと、仕事を受注するのが難しいという点です。対策としては、独学で自分の受けたい仕事の勉強をしたり、スキルが必要のない単純作業の仕事を受注して理解を深めるのがいいでしょう。

将来的にフリーランスを目指している方にもおすすめです。

【おすすめ③】SNS・動画配信・ブログ

近年ではSNS等が発達し、有名人だけではなく個人でも強力な発信力を持てるようになっています。このような強力な発信力を持っている方たちは、広告報酬を収入として得ています。一般的に思いつく仕事としては少し変わった職業と思うかもしれませんが、動画配信者がテレビ出演をしたり、小学生の将来なりたい職業に動画配信者がランクインするなど、インターネット上で大きな影響力を持つ人物が社会的な信用を得ていることも事実です。

この仕事の特徴は、本業を超えるような収入を稼げる可能性がある一方、収入を得るまでには長い時間がかかってしまうことです。このような仕事は知名度を地道に上げていくしかなく、収入が発生する前に挫折してしまうことも多いです。

成功すれば大きく稼げる可能性があることや、将来的にはコンテンツの運用経験やノウハウが仕事に活かせる可能性もありますので、長い目で見て活動ができる方にはおすすめの仕事です。

スミジョブ住み込み・寮付き求人が探せる!

高収入な求人情報はコチラ
💰日払いOKの求人情報はコチラ
🏨即入寮が可能な求人情報はコチラ
🆓寮費無料の求人情報はコチラ
💻WEB面接・電話面接可の求人はコチラ
💛カップル寮のある求人情報はコチラ
🐶ペットと住める寮付き求人コチラ!

派遣社員がダブルワークをする際の注意点

【スミジョブ】派遣社員がダブルワークをする際の注意点
知っておくべきダブルワークの注意点とは?

ここまでメリットやおすすめのダブルワークを紹介してきましたが、ダブルワークならではの注意点もあります。それは確定申告や年末調整、保険に関することです。

ダブルワークをする際は基本的に自己責任なので、ダブルワークをすることによって発生する問題も自分で解決しなければいけません。派遣会社や派遣先が知っていることもありますが、そうでない場合には自分で知っていないと自分が損してしまう場合もあります。

ここでは確定申告や年末調整、保険の注意点を解説していきます。

確定申告の注意点

副業で年間20万円以上の収入がある場合には確定申告をしなければなりません。ダブルワークをしている場合であれば、副業の方でも20万円を超える収入が発生することになると思いますので、この確定申告を忘れないように注意が必要です。

しかし、副業の中でも個人事業主のような仕事の場合は、「売上 – 経費=所得」が20万円を超えるかどうかで確定申告が必要かどうか判断されます。例えば、フリーランスの場合うには売り上げが25万円でも、仕事の道具として9万円のパソコンを購入した場合は、「25万円(売上) – 9万円(経費) =16万円(所得)」となり確定申告は不要となります。

確定申告を忘れてしまうと、ペナルティとして余計に税金を納めないといけなくなるなど、忘れることによるデメリットが大きいです。確定申告の方法がわからない場合には税務署に相談したほうがいいでしょう。

雇用保険・社会保険の注意点

雇用保険は複数の勤務先で加入条件を満たしている場合でも、1つの勤務先の雇用保険に加入するだけで良いです。その際、本業か副業のどちらの雇用保険に加入するかは選択することができるのですが、収入が多い勤務先の雇用保険に加入するのが良いでしょう。

社会保険に関しては各勤務先で加入条件を満たすとそれぞれの勤務先で加入しなければならないことに注意です。加入する社会保険が増えると社会保険料も増えてしまいます。とはいえ勤務先によって社会保険の加入条件が変化することもあるので、ダブルワークをする際には、社会保険に加入したくない旨を伝えておいて勤務時間などを調整してもらうのが良いでしょう。

ダブルワークがばれるリスク

ダブルワークをする際、両方の勤務先から許可が得られていない場合には税金の関係でダブルワークをしていることがばれてしまうことが多いようです。最悪の場合には契約解除など何らかの処分が下される可能性があるので、もともと許可が得られるような職場で働くことをおすすめします。

もし許可をもらっている場合でも、副業先がばれてしまい会社に居づらくなってしまうことがあるかもしれません。フリーランスとしてサイトに登録している場合でも、ペンネームが使用できる場合はペンネームで活動するなどして対策するしかありません。ただし、契約の際には本名の開示を求められる場合もある点には注意です

まとめ

今回は派遣社員のダブルワークについて徹底解説していきました。

派遣社員のダブルワークの可否は就業規則や契約から確認することができ、副業先についてもダブルワークが可能か確認することが大切です。

また、メリットとしては給与が増えることは当然ですが、気分転換やスキルアップやできることがメリットだとわかっていただけたのではないでしょうか。

しかし、確定申告や保険関係はしっかり把握して注意をしていないと余計に税金を払うことになるなど損をしてしまうので、ダブルワークの際の対応をしっかり把握しておくことが重要です。対応の仕方がわからない場合には、税務署や派遣会社に相談することが重要です。

本記事を参考にして、派遣社員のダブルワークを考える際の参考にしていただければ幸いです。

  • URLをコピーしました!
京栄くん資料はこちら
目次